転職で自己PRはどこまで必要か?選考に与える影響と成功するための方法をお教えします

求職者が企業の選考を受ける際に、必要なことが自己PRです。

自己PRとは、簡単な表現になり、もう少し掘り下げて解説すると、下記の内容になります。

求職者自身の長所、特技、企業に貢献できる自分の武器です。

この3つのなかで、長所と合わせて面接で必ず面接官から聞かれることが短所です。

短所は求職者からすると弱点になり、この点はなるべく企業には言いたくない部分です。

求職者は企業に自分のことを売り込み採用してもらわなければなりませんから、採用されるために、自分の弱点を自らさらけ出すことは避けたいはずです。

長所を考えるときには、ベストな方法として長所が短所になることもあるという言い方にすることです。

長所と短所は状況により逆転することもありますから、自己PRとして長所と短所を同じ内容で伝えることが最も安全策になるでしょう。

短所を除く自己PRですが、転職活動において企業の選考でどこまで必要になるのか?

そして、選考にはどれほどの影響があるのか求職者はあまり理解できていません。

転職市場は、企業が求職者のそれまでの経験を買って採用するということになりますので、経験重視であることには変わりありませんし、ここまでは多くの求職者も知っているはずです。

しかし、企業の面接を受けて、『手ごたえばっちり』、『この求人レベルなら自分の経験なら申し分ない』と自信満々で面接を終えて、選考結果を楽しみにしていたところ、企業から不合格連絡を受けて、びっくりしたという経験を持つ求職者も多いです。

選考結果は教えてくれても、選考理由を企業が求職者に教えるということは基本的にありません。

選考理由を教えてくれれば、求職者としては、なぜ、その企業の選考で自分が不合格になったのか分かりますし、その後に続く転職活動にも役立てることができます。

選考理由については、ブラックボックスになっていて、基本的に求職者は知ることができないのです。

実は、自己PRの内容が選考に影響があり、自己PRやそれに付随する求職者の人物面を理由に不合格になっていることも多いのです。

スポンサードリンク

自己PR はどこまで必要か?

企業は求人、または、面接で企業情報を公開し、求職者から質問があってもその質問に対してしっかりと回答している・・・ように見えます。

残念ながら、企業は自社の深い情報や真実の部分をすべて回答している訳ではありません。

面接において、求職者から、今後の事業展開を教えてくださいという質問があったとします。

事業展開は経営に大きく関わることですし、その求職者を100%信用することはないですから、すべてを語る訳にはいきません。

差しさわりない程度の事業展開を答える場合はあっても、本当に重要な部分、言えない部分は教えてくれません。

企業の選考は、ある意味では、表面上のなかでの企業と求職者の駆け引きがあります。

企業としてはより優秀な即戦力人材が欲しい、求職者からするとより高い条件で転職したいということです。

企業が真実を語っていないことが分かれば、求職者自身も自分のすべてを洗いざらい語る必要はないのです。

つまり、自己PRにおいても、企業に合わせて作り込むことも選考の対策としては必要なことです。

100社の企業があれば、100社それぞれに評価ポイントは異なります。

また、100社の企業があれば、100人の面接官が存在し、それぞれに個性があり価値観や考え方が違います。

同じ企業の選考でも複数回の面接があり、それぞれの面接官が全く同じ個性、価値観や考え方を持っていることもありません。

求職者は選考通過率を上げるためには、それぞれに合わせた自己PRを伝えるぐらいで良いのです。

どの企業にも同じ内容の自己PRを伝えるでは、馬鹿正直過ぎますし、玉砕覚悟の選考となってしまいます。

企業の選考において、自分の選考にマイナスにならない程度の内容やレベルを伝えることで十分です。

企業の面接は、友人とコミュニケーションするようなことと同じではないのです。

あくまでビジネスライクに、表面上の部分だけをそれぞれの企業、面接官に合わせた範囲で十分です。

企業は人物面も重視している

自己PRとは、求職者が自分を売り込むために、自分はこんな人間で、こんなことができるという採用メリットを伝える手段の一つです。

趣味や特技も軽視してはいけないのですが、企業は中途採用で経験豊富な即戦力人材を求めていることは間違いないのですが、経験が豊富というだけでは採用に踏み切ることはありません。

理由は、2つあります。

1つは、その経験や実績は、これから採用しようとする企業でのものではなく、あくまで他の企業でのことです。

どれだけ過去の企業で十分な経験や実績を出したとしても、それを同じ内容をこれから採用する企業で発揮できるとは限らないのです。

2つ目は、組織文化です。

どの企業にも、その企業独自の文化があります。

文化とは、企業の価値観や考え方、方向性を意味しますが、どれだけ経験豊富な即戦力人材であっても、企業文化に馴染むことができなければ、成果を出すことができず早期離職に繋がります。

『何をやるかよりも誰と働くか』を大事にしようという考え方が転職市場にはありますが、まさにそれです。

どれだけ、その職種で働きたい、豊富な経験があっても、転職先の文化に馴染むことができなければ組織との考え方が合わず、孤立し、仕事がうまくいかず、組織内で浮いた存在となり信頼を失います。

やがて、居づらい状況に耐えられず、退職してしまいます。

企業からすると、中途採用にはリスクもあります。

もちろん期待もありますが、経験だけを重視して採用するとこのようなリスクが顕在化するため、人物面も重視しているのです。

人物面を知る要素として自己PRがあるのですが、一見、武器とも言える自己PRの内容がその企業では武器ではなく、リスクとしか考えないこともあります。

どの企業にも通じるような自己PRをどの企業でも同じような話をしてしまうとギャンブル選考になってしまいます。

転職市場において、その企業の選考が不合格になると、半永久的にその企業の選考を二度と受けることはできません。

違う切り口から応募したとしても、企業内には採用進捗管理データがあり、エクセルなどで重複応募はすぐに分かります。

求職者は、こんな疑問を持ちませんか?

『それぞれの企業、それぞれの面接官に合わせた自己PRって、事前に企業や面接官の情報を知れる手段はあるのか?』

基本的には、転職市場で事前に企業や面接官の情報を求職者が知るということはできません。

しかし、転職市場にたった一つだけ、事前に企業や面接官の情報を知ることができる転職方法が存在します。

その方法は・・・

スポンサードリンク

転職エージェントを使って事前情報を集める

転職エージェントを使うことです。

日本には、1000社以上もの転職エージェントが存在します。

もちろん、転職エージェントの規模はそれぞれ違いますし、最近では転職エージェントごとに転職支援のサービスを特徴あるものにしてみたり個性があります。

求職者は、自分の転職活動にマッチする転職エージェントを選ぶことが必要になりますが、どの転職エージェントを選べば良いか分からないという求職者は、この転職エージェントを利用しておけば安全という転職エージェントがあります。

その転職エージェントは、リクルートエージェントです。

軽くリクルートエージェントについて触れておきますが、日本で最も大きな規模を持つ転職エージェントです。

また、転職支援実績、採用支援実績が日本で最も多く、企業、求職者から最も支持されている転職エージェントになります。

日本の転職エージェントのなかで、リクルートエージェントほど安定的に転職支援を受けることができる転職エージェントはないと言っても過言ではありません。

迷ったらリクルートエージェントです。

リクルートエージェントなど転職エージェントを利用すると、企業や面接官の情報を事前に知ることができ、事前に知った情報をもとに、それぞれに合わせて自己PRを考えることができます。

どの企業、面接官にも一見、使えるように見えて実は使えない自己PRを使うよりも、明らかに選考通過率は上がります。

では、なぜ、転職エージェントを使うと事前にこれらの情報を知ることができるのでしょう。

転職エージェントのこれまでの経験が秘訣

リクルートエージェントを強くオススメする理由は豊富な転職支援実績と採用支援実績であるとご紹介しました。

それぞれの支援実績が豊富にあるということは、それだけ、多くの企業と長く取引しているということになります。

長く取引すると、それぞれの企業から信頼を勝ち得て、通常では教えてもらえないような選考情報を教えてくれる関係性を築くこともできます。

そして、これまでの支援実績で、それぞれの企業がどのような評価ポイントを持っているのか、また、それぞれの面接での面接官はだれで、その面接官はこれまでどのような自己PRを評価してきたのかもデータベースとして蓄積しています。

企業には内密にして、求職者に対して選考前に事前情報で提供してくれます。

転職エージェントを利用すると、面接前に担当のキャリアアドバイザーから『面接情報』として、面接アポイントの確認がメールであります。

タイトルは『面接情報』など、当たり障りないものですが、メールの内容は面接日時の他、どのような人が面接官で、その面接官のこれまでの質問内容や評価ポイントをすべて教えてくれます。

また、自己PRでは、この点は気を付ける、または、言わない方が良いということも教えてくれます。

ここまで具体的なリアルな情報を提供してもらえれば、どのような求職者であっても、自分がどのような自己PRを話すとまずいのか、または、良い評価を受けるのか想定することができ、それに合った自己PRを考えることができるはずです。

このように転職エージェントを利用すると本来、知ることができないような機密情報を事前に知ることができ、選考用の自己PRを作りだすことができるのですが、そうなると、求職者には、『転職活動って、意味あるのか?』となるでしょう。

転職活動時代には企業の内定を勝ち取るという大きな目的がありますので、意味はありますが、求職者のなかには転職に対して変に慎重になったり恐怖を感じる人もいますが、転職活動とは、そこまで慎重になる必要もなく恐怖は必要ないのです。

誤解を恐れず言いますが、企業の選考とは、『そんなもん』です。

お互いに面接という短い時間でお互いを表面上で探り合い、その結果、出ることは合格か不合格です。

自己PRで不合格はもったいない!

企業の選考はお互いの騙し合いと言われますが、その表現は見当違いということはありません。

求職者からすると、自分の人生に大きな影響を与える転職を企業主導の短い時間で企業判断をしなければなりません。

また、企業選びの前に、求職者は、自分が企業に採用されるという気持ちが強く、企業を見るという余裕はなかなか生まれないでしょう。

人生において大きなポイントになる転職に関係する企業の選考は、表面上のやり取りになりますので、表面上以外の情報も必要になります。

求人や面接では聞くことができない情報を転職エージェントを利用すれば知ることができ、企業選びの材料にすることもできるでしょう。

自己PRぐらいで、不合格を受けるということは、求職者にとっては非常に勿体ないことで、自己PRぐらいのことですから、それぞれの企業や面接官が好む内容に仕上げておけば良いのです。

転職後に困るのではないか?と感じるかもしれませんが、転職後に、自己PRのことをいちいち頭に入れて接する上司や同僚はほぼいません。

転職が決まれば、あとは求職者が有利になります。

ある意味、企業の選考には『言ったもん勝ち』という要素もありますので、転職エージェントをうまく利用して、最大限、自分が内定を勝ち取れる環境を作ることが必要です。

転職エージェントを利用しても不合格になることはあるのですが、その場合、選考結果の理由をキャリアアドバイザーから教えてもらうこともできますので、次の企業の選考では、その反省も踏まえて、自己PRを再検討して、合格に近づけるということも可能です。

求職者の最大の味方となる転職エージェントですので、必ず利用してください。

なかでもリクルートエージェントは十分な価値を体感できるでしょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment