会社に行きたくない30代と40代が増加中!キャリアコンサルタントが教える転職を考える前にチェックすべきこと

スポンサーリンク

「会社に行きたくない・・・」

30代や40代のキャリアの長い年齢層が、こうした理由で転職するケースが増えてきました。

キャリアコンサルタントとして長く転職相談をしていますが、年功序列の時代には考えられない現象です。

ですが現在の転職市場は、30代や40代でも普通に転職できる時代になりました。

もし「会社に行きたくない」理由が妥当であれば、転職も考えるべきだと思います。

そこでキャリアコンサルタントが、30代や40代が「会社に行きたくない」と感じた時にチェックすることと、転職するまでに必要なことを紹介します。

スポンサーリンク

会社に行きたくない理由によって転職を考えるべき

新人の場合は会社に馴染めないなどの理由で、会社に行きたくないと感じることが多いでしょう。

ですが30代や40代の中堅社員になると、違った理由で「会社に行きたくない」と感じることがあるようです。

  • 会社の方針が変わった
  • 上司や部下が合わない
  • 人間関係に問題がある
  • 仕事内容が自分に向いていない

など、人それぞれ理由が違います。

この中で人間関係に悩んでいるのであれば、転職を考えるのは少し待った方がいいかもしれません。

というのは、人間関係に問題がある場合、転職をしたから変わるかは疑問が残るからです。

ただ、いじめが酷いや、どうしようもなく人間関係がこじれている場合で「会社に行きたくない」のであれは、転職を考えて良いでしょう。

仕事内容が自分に向いていないのも同じで、転職して適職の仕事につけない可能性もあります。

こちらも、どうしても今の仕事をしたくないと感じるまでは、転職を考えるのは待つべきです。

人間関係や仕事内容については、今すぐ退職して転職活動をするよりも、暫く準備期間を作って様子を見るべきです(これについては後述します)。

逆に会社の方針が変わった場合で、会社に行きたくないのであれば転職を考えるべきです。

会社が吸収合併されたり、社長が変わって方針が変更になったなどは、将来的にあなたにとってのデメリットが大きいからです。

これらの理由で「仕事に行きたくない」のであれば、それはあなた自身が会社に将来性を感じていない証拠になります。

そのような会社で働いていも、評価対象から外れますし、今までのキャリアが無駄になります。

参考:会社の将来性はこれでわかる!キャリアコンサルタントが教える転職の判断基準

会社に行きたくなくてもすぐに辞めることを考えず問題解決を優先すること

最近は昔と違い、30代や40代の転職が非常に多くなっています。

転職することは特別悪いことでも間違った判断でもないのですが、転職が癖や習慣になると厄介です。

嫌なことがあり「会社に行きたくない」とすぐに転職という決断を下し、30代や40代で何度も転職を繰り返し転職市場で干されてしまいます。

転職市場で干されると、単純にどの企業からも相手にされないということになります。

そうならないとしても、一度転職をすると「また転職すればいいや」という思いができるので、30代や40代にとってデメリットが大きくなります。

もし30代や40代で会社に行きたくないと感じているなら、上司や仲良い同僚に相談してみることをおすすめします。

人を巻き込みながら問題解決をするということです。

会社に行きたくないという理由に問題があるかどうかを、上司や同僚に確認するのです。

第三者の意見を聞くことで、冷静な判断をすることができるようになります。

ただし、企業は組織で、組織はいろいろな価値観を持った人の集合体です。

自分は問題だと思っていても、他の人からすると特別問題ではないということも考えられることです。

ですので、すべてが問題解決に至るということはありません。

納得できない回答もあるでしょうし、30代や40代になると相談できる相手がいないこともあります。

そのような時は、転職エージェントに相談するのも一つの方法になります。

社内異動という選択も考えてみる

会社に行きたくないと感じている30代や40代は、社内異動も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

企業には定期的に人事異動の制度があります。

定期的ではない場合でも、人員構成や事業方針の変更により人事異動がその手段として使われることがあります。

いずれにしても、どの企業にも人事異動という制度はあります。

会社は好きでも今いる部署の上司や仕事内容が嫌いということで、会社には行きたくないと思っている30代や40代は、人事異動という方法も一つの選択です。

ただ人事異動は、組織全体に関わることですので、そう簡単に他の部署に異動できるということはありません。

ハードルは高いのですが、30代や40代で経営者との距離感が近ければ直接、経営者に相談してみることも良いでしょう。

そうではない場合でも、人事異動の主管部署である人事に相談してみることをおすすめします。

問題解決と同じく、何もアクションすることなく、その会社を去るという選択は、その後のキャリアにはプラスにはなりません。

たとえ会社に行きたくないと感じていても、まずは今ある状況を解決する努力をするということを優先してみて下さい。

提案しても受け入れてもらえない、解決できない理由が自分にとって納得できるものではないのであれば、次の手段を考えることが良いでしょう。

会社に行きたくないなら将来を見据えて資格取得に励む

退職・転職をする勇気がないという30代や40代は、その会社に我慢しながら在籍して、資格取得に励むことをおすすめします。

会社に行きたくないという思い以上に、将来の自分のためにキャリア形成として資格取得を優先して考えれば、今まで会社に行きたくないという気持ちも薄れる傾向があります。

理由は、資格を取得することで自分に自信を持つことができるからです。

意識を資格取得に向けていけば、通勤時間に資格の勉強に充てる、昼休みにも同じ時間を作る、帰りの電車でも同じ時間を確保するなど、会社に行く理由ができるようになります。

このように資格に意識を高めることで、自分の将来を悲観するのでなく、今の会社に対しても経験値を上げるという気持ちになることができます。

また資格を取得しておけば、転職の幅が広がります。

考え方を方向転換すれば、会社に行きたくないという強い気持ちを軽減し、「まぁ資格取得するまでの辛抱だ」という期間限定の環境を自分のなかで作ることができます。

参考:30代の転職に役立つ資格

参考:40代の転職に役立つ資格

会社に行きたくなくても退職して転職活動をしてはいけない

キャリアコンサルタントとして正直に伝えますが、転職にはかなりの労力が必要になります。

「会社に行きたくない」という理由で転職を考えたとしても、次の職場が決まるまでは退職してはいけません。

今は仕事を続けながら転職する方法があるので、退職しなくても十分転職活動をすることはできます。

いくら「会社に行きたくない」からといって、退職してしまうとお金の面で苦労します。

30代や40代の方は家庭を持っていることも多いので、仕事をしながら転職活動をするようにしましょう。

ですが、働きながらの転職は簡単なことではありません。

参考:働きながらの転職が難しい理由!キャリアコンサルタントが教える最短で転職を成功させる方法

では、どのような方法なら働きながら転職できるかですが、一つの方法として転職エージェントの利用があります。

キャリアアドバイザーに相談して情報収集をすることから始める

会社に行きたくない理由で転職を考えている時、大事になることに他の企業に転職して今より良くなるのか?があります。

問題解決できないから、もう会社に行きたくない、だから、転職するという安直なプロセスではなく、転職を決意する前に他の会社について調べてみることをおすすめします。

もしかしたら今の会社の方が待遇は良いかもしれませんし、転職によって劇的に良くなる可能性もあります。

ですが他の会社との比較といっても、どうすればいいかわかりませんよね。

他の会社と比較する方法として、最も良い選択としては転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを利用すると言っても転職するために転職エージェントを利用するのではなく、情報収集を目的として転職エージェントを利用するのです。

転職エージェントには豊富な求人があり、転職支援、採用支援の両面が事業になりますから、いろいろな求職者、いろいろな企業の情報を知っています。

30代や40代が情報収集目的で転職エージェントを利用する場合は、大手の転職エージェントを利用することをおすすめします。

現職との対比のために多くの企業情報を知りたい訳ですから、より多くの企業の求人があった方が情報を多く知ることができるからです。

転職エージェントには、規模の違いにより1000社以上があります。

小規模の転職エージェントを使うと規模に比例して扱う求人数が少ない、つまり、取引する企業数が少ないということになります。

その点でも、大手の転職エージェントを利用するメリットは大きいと言えます。

転職エージェントを利用すると、担当のキャリアアドバイザーが必ず1名つきます。

キャリアアドバイザーはキャリアコンサルタントの国家資格を持っている場合もあり、他社情報を含めて新人自身のキャリア構築についても相談に乗ってくれます。

リクルートエージェントなどの大手転職エージェントでは、転職に積極的ではない求職者についても登録を認めています。

またキャリアアドバイザーに対して、「今いる会社が他の会社と比べてどうのかを知りたい」という利用理由を伝えても全く問題なく相談に乗ってくれます。

もちろん転職エージェントを利用すれば簡単に転職成功とはなりませんが、一人で転職活動をするよりも圧倒的に早く内定に辿り着けます。

参考:30代におすすめの転職サイトと転職エージェントランキング!キャリアコンサルタントが教える転職が決まらない時の打開策

参考:40代の転職エージェントと転職サイトおすすめ!キャリアコンサルタントが教える必須ランキング

他の会社と比較すると自社の良いところや悪いところが見えてくる

転職エージェントを利用して他社との比較をした上で、自分が思っている以上に今の会社は良い会社だということに落ち着いた場合は、退職することなくその企業に在籍していれば良いのです。

もちろん、それで「会社に行きたくない」の問題解決にはなりませんが、判断材料として捉えておくことは重要です。

逆に比較して、他の会社の方が自分が抱えている問題解決は対処できる、または、それも含めて他の会社の方が自分にとっては良いと思うのであれば、そのまま転職エージェントを利用して転職活動を本格化させれば良いのです。

転職エージェントは非常に便利なサービスで、情報収集と転職活動の2つの目的を果たすことができるのです。

30代や40代であれば、今のキャリアを活かした転職の方向性についても相談に乗ってくれます。

社内解決ができず、転職を決意したとしても、30代や40代を採用してくれる企業はあるのか?と不安に思うでしょう。

ですが安心してください。

今は転職市場が非常に熱い環境にあり、人材の確保のために多くの企業が30代や40代限定の求人を公開して採用活動を行っています。

キャリアがしっかりしている求職者であれば、企業は30代だろうが、40代だろうが評価してくれます。

転職で苦戦している30代や40代も多いですが、転職エージェントを利用すれば、あなたのキャリアを踏まえた提案をしてくれます。

参考:30代の転職活動で疲れた時に本当に役立った対処法!モチベーションを上げて成功へ導くために必要なこと

どんな理由であれ、「仕事に行きたくない」と感じているならば、転職も視野に入れた行動をしましょう。

今は転職が一般的なものになり、以前のような否定的なイメージもなくなっているので、キャリアを活かした転職をすることができます。

タイトルとURLをコピーしました