転職する前に考えること!転職した方が良い理由と悪い理由を説明します

転職には、転職した方が良い理由と悪い理由があります。

転職は便利な手段ですが、ゴールでもなければリスクもあります。

今の会社に何らかの不満や不安を抱き、それを解決できずに転職に至るという求職者が大半になるのですが、今の会社で解決できかなったことが、転職ですべてが解消されるという保証はどこにもありません。

転職するためには企業の選考を必ず受けなければなりませんが、求職者が企業を知る機会は、選考中だけであり、その機会的時間は限度があり、時間に換算すると長くても3時間程度です。

求職者からすると人生に大きな影響力を持つ転職先を決めるための企業を知る時間が3時間程度になる訳ですから、今の転職市場のやり方には疑問もあります。

しかし、そのような愚痴を言っても始まりません。

転職市場には主な主人公として求職者の他に採用する企業があります。

どちらも主人公になる訳ですが、どちらの意向が転職市場でより反映されるかと言えば、もう言うまでもなく企業です。

企業の採用事情により、選考フローも決まり、求職者が企業を知る時間も制限的になっています。

企業もその点で考えれば同じことが言えますが、求職者とは全く違う環境です。

と言うのは、企業も求職者と同じように自社の経営や事業をより向上させるために高い費用を支払い中途採用で即戦力となる求職者を選びます。

もし、即戦力と期待した求職者が思うような働きぶりでなければ、それは採用コストの無駄遣いということです。

ただ、採用した人材が不適格であっても、企業は同じポジションで再び採用活動をすれば、求職者は数多くいますから、求職者ほどのリスクはありません。

求職者が不適格であっても経営に大きな影響を与えるかと言えば、そのようなことはないのです。

求職者は、転職が自分の思うようなものでなければ、人生に大きな影響を与えてしまいます。

『転職はしたけど、何か違った』ということで、再度、転職することは可能ですが、転職とは経歴を意味して、転職市場で転職回数が多いことは転職癖があると判断され、転職しにくい環境になってしまいます。

求職者は、転職活動をする前に、今抱いている転職理由が転職にリスクを冒してまでのことかどうかを冷静に客観的に考えることが大事なことです。

浅はかな転職理由は、単なる経歴を荒らすだけになってしまい、求職者からすると何のプラスにもなりません。

今回は、転職で失敗しないために、転職した方が良い理由と悪い理由をそれぞれにいくつかご紹介します。

スポンサードリンク

転職した方が良い理由

転職した方が良い理由はいくつかあります。

転職した方が良い理由のほとんどは、選考を行う企業からしても面接などで求職者から回答があっても納得できる、仕方ない理由ということになります。

求職者は、企業の選考で面接官からどう評価されるかを意識して今持っている転職理由が相当なものであるかどうかを判断することも一つの方法です。

自分のキャリアを充実させたい

転職理由のなかで最も評価を受ける理由が、自分のキャリアアップです。

どの企業でも、自分に対して厳しく、自分の将来設計をしっかり持っている求職者は欲しい人材です。

年齢は関係なく、10年後など中長期的な観点で、ゴールイメージを設定して、自分が目指す将来の自分像になるためには、今、何ができていて、何が不足しているのか、また、不足部分をどのように解決していくのかを明確に持っていることが大事です。

20年、30年先の自分を描くことまでは必要ありませんが、10年後の自分をしっかりと描きキャリアビジョンを明確にしていることは転職しても良い背景です。

転職の場合は、『今の自分には、〇〇が不足していて、それを解決するためには、××の状況が現職にはあり、解決が難しいため転職を希望している。』という論理的な転職理由であれば、どの企業でも文句のつけようがないのです。

このようなことを言ってはあまり良くないのかもしれませんが、企業の面接で高い評価を得たいのであれば、自分のキャリアを充実させるためにという理由を転職理由にしておくと面接通過率は一気に上がると言えます。

転職理由に今の会社に不満がない

2つ目の転職しても良い理由は、今の会社に不満がないということです。

冒頭でお伝えしたように求職者の大半は現職に対して何らかの不満を持って転職を決意します。

ただ、なかには現職に対して何の不満はなく、自分をもっと厳しい環境に追い込み自分を強くしたい、磨きたいと考えている求職者もいます。

この理由は転職しても良い理由になるのですが、特にベンチャー企業には最高の評価を得るはずです。

ベンチャー企業の多くは一人の社員に対して、裁量権の多い仕事を任せます。

仕事で自分を成長させて、少しでも早く出世したいというハングリーで向上心のある人材を求めています。

そこに今の会社には全く不満がないが、自分をもっと厳しい状況に追い込み自己成長したいという前向きな姿勢が分かる転職理由は最高です。

現職がブラック企業の場合

企業の多くは採用の情報共有をしているため、どの企業は離職率が高い、どの企業はブラック企業だというリストを持っています。

求職者は、現職がブラック企業である場合、転職して良い理由の一つになります。

ブラック企業に在籍したままでいると肉体的、精神的、経済的にもストレスとなり、求職者にとって良いことは一つもありません。

少しでも早く転職した方が良いと言い切ることができるぐらい転職するに相当な理由になります。

採用する企業からしても、書類選考の段階で、求職者がどの企業に在籍しているのか確認しますので、その段階で、求職者から転職理由を知らされていなくても、ブラック企業だから転職したいのだということが想像できます。

ブラック企業を理由に転職することは、採用する企業からしてもごく普通のことという認識を持っていますので、本来はあまり良くない会社批判に繋がる労働環境の問題点を転職理由にしても問題ありません。

面接などでも遠慮なく面接官に伝えてもマイナス評価を受ける要素は一つもありません。

悪い転職理由

次は悪い転職理由をご紹介します。

悪い転職理由は、転職活動でその理由を面接官に伝えても悪い印象を受けるだけですし、何より、将来の自分にとって何のプラスにもなりません。

これからご紹介する悪い転職理由を持っている限りは、転職するのではなく、現職にとどまり我慢していた方が良いかもしれません。

または、企業から否定される可能性が極めて高い悪い転職理由を持っていたとしても馬鹿正直にその理由を面接などでは絶対言わず、面接対策として、架空の転職理由を伝えてた方が転職活動の成果にはつながると言えます。

会社批判はまずい

代表的な悪い転職理由は、現職や前職を批判することです。

具体的には経営批判、上司批判、事業批判、制度批判、評価批判などです。

すべてにおいて、批判という共通する要素がありますが、どの企業にも求職者には納得できない要素はあります。

それを一々批判して、転職理由にしてしまうと、どの企業に転職しても同じことが繰り返されるだけです。

企業は組織で成り立ち、自分の思い通りに会社生活を送ることはまず不可能なことです。

協調性を持ち、柔軟に対応することが組織人である求職者の使命です。

組織人としての本質を忘れて、すべてを批判で片づけてしまい、その批判が転職する理由になってしまっては、何度、転職してもキリがありません。

求職者は認識して欲しいことですが、どの会社に転職しても、今の企業で起こりえる批判的要素は、可能性としてあります。

求職者には、転職をするとすべての不満を解消されるという過度な期待を持っている人もいますが、転職は手段であり、現職では起こりえないことがない組織に転職できるとは言い切れないです。

人間関係を理由にすること

どの企業に転職しても自分と相性が合わない人はいます。

求職者が企業の選考中に、すべての社員と会うことができれば、自分で判断することができるのですが、どの企業でも選考に関わる人は限定されています。

人事は採用に関しての企業の顔と良く言われますが、人事との相性が合うということで転職をする求職者もいますが、人事は企業の顔ではありますが、人事がその企業のすべてではありません。

求職者のあるあるとも言えることですが、人事を過度に信用、期待することはやめましょう。

人間関係は企業で働くためにはポイントになることの一つです。

どれだけ仕事ができても人間関係がうまくいかなければうまくいくはずの仕事もうまくいきません。

そこで人間関係を理由に転職となれば、一見、まともな理由に感じますが、実は人間関係を理由に転職するためには、一つ踏まなければいけない工程があります。

その工程は、人間関係を改善するための自発的な行動です。

仕事をしているなかで、相性が合わない人が多いということで転職理由にすると、面接では必ず、それを改善するために求職者はどのような行動を取りましたか?という質問があります。

そこに対して、特にありませんという回答をしてしまうと、まず間違いなく見送りになります。

また、選考対策だけではなく、自分の転職先含めた将来に対しても悪影響を及ぼす危険性があります。

人間関係はどの企業に転職してもつきものです。

人間関係を理由に何の改善努力もすることなく、転職となれば何度、転職しても同じことの繰り返しが起こるだけです。

転職は人生で何度もするようなことではないのです。

転職をイレギュラーとするためにも人間関係では一旦、改善する努力をした上で、それでも改善ができないのであれば、人間関係を理由に転職することは前向きな理由です。

人間関係を理由に退職することは、努力なくしてはまずいのです。

給料が安い

給料に不満があるという理由はやめましょう。

求職者は自分の実力や仕事の成果を過信してしまい、それに対しての評価や給料に対して不満を持つことが非常に多いです。

転職を機にもっと高い給料をもらえる企業で働きたいと思う気持ちは理解できるのですが、求職者が思っているほど、転職市場は甘くありません。

また、転職市場は、求職者の給料が上がるための市場ではないのです。

もし、転職したら給料が上がる確率が高いとすれば、日本で働くすべての人が転職するでしょう。

また、転職した求職者のなかでも、『給料は転職しても上がらない』という声は皆無のはずです。

転職して給料が上がる確率はそこまで高くありません。

また、企業からしても給料に不満があるという理由は批判に取られる可能性もありますし、求職者自身に対して傲慢なタイプという悪い印象を受けることもあります。

求職者自身として考えても給料が安い、不満があるという理由で転職しても、いくらの給料なら納得できるのかという話になり、ある意味では青天井になってしまい、いくらもらっても不満が残るという結果になります。

給料が安いという気持ちは転職理由としては少し浅い理由になるため、違う理由を抱くまで転職はやめるか違う理由を作り込み転職活動をした方が良いです。

転職理由は、その時の転職活動を行うためのきっかけですが、理由がまずいと将来の自分にも関わることになりますから、自分として転職すべきかどうか分からない場合は、理由含めて第三者の意見を聞いた方が良いです。

転職エージェントを使って判断

自分の思っている現職に対する不満や不安が転職に値するものかどうか(良い理由か悪い理由か)の判断ができないのであれば、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーからチェックしてもらってください。

キャリアアドバイザーのなかにはキャリアコンサルタントという国家資格を持っている人もいますし、その資格を持っていなくても、長年にわたり多くの求職者の転職支援を経験しています。

そのノウハウは、求職者が欲しいとしても絶対に身につくものではありません。

転職エージェントを利用して相談を受けて、良い理由か悪い理由かを判断して、良い理由ならばそのまま転職エージェントの転職支援を受けて転職すれば良いですし、悪い理由だという評価を受けたら、転職活動はしないか、キャリアアドバイザーに相談してもっと違う理由を探せば良いのです。

企業により転職理由に関しての評価は違いは多少ありますが、基本的な部分は同じで、今回は基本的な『理由の良い悪い』をご紹介しました。

基本を分かっていれば、転職エージェントの力を借りて個々の企業対策にも役立てることができるはずです。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment