警備員への転職を希望するなら資格を取得することが有利!

転職市場は、さまざまな職種があります。

世の中にある職種のすべてが転職市場で求人になり求職者は応募することが可能な状況で選択肢を増やすことができます。

いつの時代も変わらない人気が高い職種もあれば、労働市場の変化により注目を集める職種もあります。

または、そこまで人気がない職種もあります。

どの職種であっても、転職するためには転職活動が必要で、まずは内定を勝ち取らなければ、その先に進むことはできません。

今回は、転職市場のなかで人気が高いとはお世辞にも言い難い職種で最近、注目を集めている職種があり、その職種の転職活動についてご紹介します。

その職種とは、ズバリ、警備員です。

警備員を求職者がイメージすると、大半の人は、道路で蛍光棒を振り交通整理を行っている人、または、ビル管理の人でしょう。

そのイメージはまさに正解で、警備員とは、今お伝えしたような仕事内容を行う人のことを言います。

転職市場は、スーツを着る仕事がメインのホワイトカラー中心なのですが、最近、警備業界の求人も目立ちだしています。

今までの警備業界の採用方法としては、地域の求人情報誌やハローワークが中心だったのですが、最近では警備業界専門の転職エージェントが誕生するなど、ホワイトカラー中心の転職市場に求人が多くなっています。

警備員、警備業界を志望する求職者は、求人情報誌やハローワークだけが転職方法ではなくなっていますので、どのような転職方法、どのようなことが転職には有利なのかを知っておくことが良いです。

スポンサードリンク

警備員の仕事

警備員を志望して転職活動をしても、転職後に転職活動中のイメージと違うということでギャップが生まれてしまっては、モチベーションに影響しますし、早期離職にもつながりかねない要素になりますので、そうならないための情報収集が必要です。

警備員に限らず、求職者は、転職後にその職種で働くイメージをある程度持ち、転職活動をしなければ、せっかく苦労して内定を取っても意味がなくなります。

警備員の仕事は、冒頭でお伝えした通りの仕事が主になり、企業や人の安全と安心を提供することになります。

若干、警察官や消防員と似ている仕事になりますが、その通りで、警察官や消防員も同じことを目的として仕事をしているのです。

ただし、今は公務員の人員を削減する動きが日本にはあり、警察官や消防員の人数だけでは安全と安心を担保することが難しい状況にあります。

道路交通の安全を保持するために、警察官が道路に立ち交通整理を行うこともありますが、警備員が行うこともできます。

もし、その場に警察官と警備員のどちらもいたとすれば、優先される指示は警察官になりますので、警備員は警察官や消防員の補佐的な存在だと認識してください。

公務員削減が謳われている昨今では、警備員の存在は必要不可欠で社会貢献度が高い職種になります。

もちろん、命の危険性もつきものであるため、それなりの信念と覚悟が必要です。

働く時間帯も早朝から深夜と時間に関係なく警備することになりまし、輪番制を導入している警備企業は多いです。

輪番制とは、24時間の交代勤務制などを意味しますが、毎日、決まった定時があるのではなく、警備員が必要な現場のニーズに合わせて警備員を配置するという環境になります。

ビジネスビルをイメージしてみてください。

そのビルに深夜に立ち入り許可がない人が入ったらどうなりますか?

人はまばらだとしても深夜でも企業の機密情報など重要書類はそこにあるのです。

このような状況を未然に防ぎ安全と安心を保証する仕事が警備員になります。

警備員の仕事は体力的に辛い部分がありますので、警備員への転職を希望している求職者は、今一度、自分の体力が警備員の働き方に馴染むかどうかを判断しておいた方が良いです。

警備員の転職状況

警備員は多くの施設などで必要不可欠になっていて、ニーズはかなりあります。

そのため、警備会社は、常時求人を公開して積極的に中途採用を進めています。

しかし、人気があるとは言い難いとお伝えした通り、警備員を最初から志望する求職者は転職市場にはあまり多くありません

ですので、警備員としての転職活動は、警備員の求人に応募すると比較的簡単に書類選考を通過し、複数の面接も苦労することなく内定を勝ち取ることができる状態です。

今の転職市場は、超売り手市場になっていて、警備員以外の職種も転職しやすい環境にあるのですが、警備員だけをくりぬいて考えると、その転職市場の状況は、絶対に内定を取れるというぐらい好景気の状況です。

では、『だれでも内定を取れるのか?』という話になりますが、実は警備業界には他の業界ではあまりない特別な選考フローが存在します。

選考フローと言うよりも厳密には選考の絶対条件になっていると表現した方が適切かもしれません。

その特別な条件とは、前職調査です。

現在、転職市場で採用活動を行っている企業の多くは、前職調査は行いませんが、昔の日本では転職が今のように盛んに行われていなかったため、企業側が採用に不慣れな点が多く、求職者の前職調査を行うことが多かったです。

前職調査とは、求職者が現職または前職でどのような仕事をしていたかを採用する企業が直接、現職や前職に電話などの手段を使って確認するというものになります。

求職者としては、自分が選考を受けている企業が自分の知らないところで、前職調査をしていると分かれば、その企業に対して信頼をなくし、または、選考自体を見送りにしようと思うでしょう。

求職者からすると前職調査は決して歓迎できるものではないのです。

また、現職や前職での自分の確認ならば履歴書や職務経歴書で確認できるのではないか?と思うでしょう。

しかし、求職者が企業に提出する履歴書や職務経歴書は、選考する企業からすると自己申告の範囲で、それが本当かどうかの確証がありません。

つまり、求職者が提出する履歴書や職務経歴書を100%信用していないということになります。

そのため、企業は、採用活動において、転職エージェントを利用して第三者のお墨付きがある求職者の採用を行うようになっています。

前職調査は選考企業から連絡されてしまうと現職に転職活動をしていることが発覚し、求職者からすると相当、不都合でしょう。

最も知られたくない相手である現職に、自分が知らないところで前職調査をされ転職活動を知られてしまっては、退職を決めているとは言え、その後は仕事をしにくい状況になります。

そのため、前職調査は本人である求職者の同意がなければ行ってはいけないという個人情報保護の規定が法律にはあります。

警備会社も、その規定に則り、前職調査はしないと思うでしょう。

しかし、残念ながら警備業界では前職調査は今の時代であっても必須です。

もちろん、求職者の同意がなければ前職調査は行いませんが、同意しなければどうなるかと言いますと、その段階で不採用になります。

なぜ、警備業界はここまで前職調査に執着しているのかと言いますと、警備業界は、クライアントからの信用や信頼が一番大事です。

安心や安全を保持する対象として人や施設、または企業や人の財産も含まれます。

銀行から警棒を腰にぶら下げて防護服を着用しお金の運送を行っている人を見かけたことはないでしょうか。

あの仕事も警備員の仕事内容の一つです。

信頼をおけない求職者を、信頼が何より一番のクライアント先に警備員として配置することができるでしょうか。

提出された履歴書や職務経歴書はあっても、転職エージェントを利用しない限りあくまで自己申告になりますから100%信用することは難しく、可能性としては虚偽を行っている場合も否定できません。

また、在籍期間など軽微な部分に虚偽がある場合は、まだ良いかもしれませんが、経歴に窃盗など犯罪歴があった場合、人やビルを警備する側の警備員が窃盗を行う可能性も否定できません。

このように全幅の信頼を置ける求職者でなければ採用することができない警備業界特有の仕組みがあるのです。

警備員として転職をしたいと考えているのであれば、前職調査は必須と考えてほしいですし、これまでの経歴で犯罪歴がある求職者は絶対に採用されることはありません。

警察官の採用で身内の情報まで調べられると聞いたことはありませんか?

警備員の選考にはこれと同じ意味があり、過去に犯罪などの経歴がある求職者を将来にわたって信用することはなく、採用することもないのです。

スポンサードリンク

警備員の転職に有利なこと

警備員に転職をするならば、選考ハードルは全体的に低いと言っても、より良い条件、より良い企業に転職した方が良いでしょう。

求職者がより良い環境の転職を実現するためには、経験と同じぐらい資格が重要です。

具体的にどのような資格かと言えば、警備業法にもありますが、警備業務検定です。

警備業務検定は施設警備、交通誘導警備、貴重品運搬警備など6つの資格からなっていますが、すべて警備業務検定になり国家資格です。

警備業務検定を取得していれば、それまで警備員としての経験がない求職者であっても、条件が上がった状態での転職が可能と言えます。

経験と警備業務検定の2つを持ち合わせている求職者は、短期間で転職活動を終了することはできますし、最高の条件で転職することが可能と言えます。

資格の他には実務経験になりますが、警備員として実務経験がなくても同じ性格を持つ仕事の経験があれば、大丈夫です。

その典型は警察官です。

職種にも同じ『警』という文字が入っている通り、警察官も警備員と類似する業務が主になります。

警備員よりも警察官の方が仕事の難易度としては高いため、警察官としての経験があれば、どの警備企業でも採用しようとするはずです。

警備員の転職条件

どれだけ警備員として転職したいと思っていても、転職に関しての条件面で自分に納得できない内容であれば、転職することはできないでしょう。

極端な話、これ以上ないぐらい安心や安全を正義感として仕事にしたいと思っていても、転職時の給料がゼロ円では、人や施設の安心安全を守る前に自分の安心と安全が危うい状態になってしまいます。

どのような求職者であっても、志と同じく金銭的な条件は重要です。

警備員の職種で内定をもらったら、どれぐらいの年収提示が想定できるのかご紹介しておきます。

経験や資格があるとないでは差がありますが、経験や資格がある求職者であれば、前職考慮が期待できますので、現職や前職の年収をイメージしておけば大丈夫です。

逆に未経験の場合は、警備員の年収としては400万円~と考えてください。

ちなみに400万円という年収は、他の職種で考えると未経験では破格です。

他の職種で未経験であれば、300万円前後が相場になります。

警備員の年収がなぜここまで高いのかと言えば、拘束される労働時間が長く、休みも不定期で、何より安全と安心を守る職種ですから危険と隣り合わせの仕事内容になるからです。

高い年収は、警備員の命に関わる危険な状況を想定してのことです。

ちなみに、同じく危険と隣り合わせにある警察官の年収は400万円以上を得るためには経験年数が必要です。

同じ警備という仕事を行う立場でありながら公務員と民間企業の警備員では違いがあります。

転職エージェントを使えば更に楽な転職活動ができる!

警備員を目指しての転職活動の方法は、求人情報誌やハローワークが中心でしたが、最近では警備員に特化した転職エージェントがあります。

KB警備員専門転職支援サービスという転職エージェントになるのですが、特化型の転職エージェントですから警備業界とは強い繋がりがあります。

警備員を希望してより幅広く転職活動をしたいのであれば、今ご紹介した特化型の転職エージェントと併せてリクルートエージェントをオススメします。

警備業界は全体として人材不足になっていますので、採用コストは上がっても、採用スピード速度を上げたい狙いがあり、今までは利用することはほぼなかった転職エージェントを利用して採用活動を行う企業が増えています。

求人数で日本トップと言えば、リクルートエージェントです。

大手の警備会社を希望するのであれば、リクルートエージェントを利用すれば間違いなく紹介されます。

経験や資格がない求職者であっても警備会社は人材不足ですので、応募することも可能で内定を勝ち取ることも十分できます。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment