契約社員の職歴を持つ求職者の転職の仕方!

転職活動を行っている求職者にはそれぞれの職歴というものがあります。

自信を持っている求職者もいれば、自身を持てない職歴を持っている求職者もいます。

いずれにしても絶対に言えることは、転職市場は、採用する企業が求職者のこれまでの職歴をどう評価するかにより採用、見送りが決まるということです。

最近は、職歴と同じぐらいの比重で人物面を重視する企業もありますが、求職者が転職活動を行う中途採用市場は、企業としては即戦力人材の確保になりますから、職歴は重要なものになります。

職歴が良ければ転職活動で苦戦することなく、多くの企業から内定をもらえることもできるでしょうし、逆に職歴があまり良くなければ転職活動は苦戦し長期化しなかなか内定をもらえないということになります。

求職者は人物面を面接内で面接官に良い印象を与えることはもちろん大事ですが、今持っている職歴をいかに見栄え良くするかということも忘れてはいけません。

ただし、職歴とは広義であり、狭義で考えると職務実績と雇用形態になります。

職務実績とは実務を通してどのような仕事を経験しどのような成果を上げたかということになりますし、雇用形態とは、単純にどのような雇用契約の立場で在籍していたかということになります。

先に言いますが雇用形態だけで採用見送りになる企業もあります。

転職市場で採用活動を行う企業が即戦力を求めているということ、より企業に貢献してきた求職者を求めているという言い方をすることもできます。

雇用形態には、大きく正社員、契約社員、アルバイト・パート、派遣社員という4つがありますが、ご紹介した順に企業の貢献度が異なります。

企業の特徴としては、正社員にはその業務の中心的な企画も含めた業務を任せ、契約社員やその他の雇用形態には足回りとも言えるサポート的な仕事を任せる文化が残っています。

今回は、4つの雇用形態のなかで、契約社員を取り上げ、契約社員としての職歴を持っている求職者が転職市場でどのような評価を受けるのか、また、どのような転職方法を取り転職活動を行えば良いのか、転職するための秘訣をご紹介します。

スポンサードリンク

転職市場での契約社員の評価は?

契約社員と言っても実は、2つのパターンがあります。

一般的に契約社員=準正社員という認識を持っていて、少し言葉が悪くなりますが、一部には、『正社員で採用されなかった人』というイメージもあるということは事実です。

もちろん、何からかの理由で正社員としては採用されず契約社員で採用され働いているという求職者もいるでしょう。

ただ、契約社員と一言では片づけてはいけない状況が転職市場にはあります。

1つ目の契約社員とは、主に外資系企業に在籍している契約社員です。

外資系企業の特徴は、拠点が日本であっても本社である欧米諸国の文化をそのまま取り入れていて、1年契約や2年、3年契約という雇用契約で採用することが多いです。

最近では韓国系の企業も同じように社員=契約社員となり、ほぼ全員が契約社員での在籍ということもあります。

そのため、このような場合は、正社員として採用されずに契約社員で仕方なく在籍しているという理由が該当しません。

外資系企業に在籍している求職者は、転職市場全体を見ても優秀層に入り、採用活動を行う企業からは高い評価を受けることの方が多いです。

面接前の書類選考では、企業は雇用形態が正社員ではないという理由だけで見送りにすることもあるのですが、外資系企業の契約社員であれば、雇用形態だけで判断することなく、職務経歴書の内容まで見て判断します。

2つ目の契約社員は、先ほどお伝えしたように、何か特別な理由があり正社員として採用されずに契約社員として在籍している求職者です。

正社員に採用されなかった契約社員の場合は、残念ながら正社員経験の求職者と比較すると明らかにじり貧で仮に正社員との比較になった場合、余程のことがない限り正社員経験の求職者が優先されます。

同じ契約社員という職歴でも、内容により異なることを理解して頂き、求職者自身がどの契約社員であるか自分を見て転職活動のやり方などを考えておいた方が良いです。

外資系企業などの優秀層に含まれる契約社員の場合は、契約社員であっても正社員と同じレベルの仕事内容になりますから、十分評価を受けることができます。

契約社員ということで不安要素もあるという求職者もいますが、内定確度は十分です。

契約社員の転職方法

外資系企業の契約社員は正社員経歴の求職者と同じ転職活動を行うことができるため、今回の対象からは外し、転職活動で苦戦しそうな契約社員にフォーカスしてこれからの話を進めていきます。

契約社員の転職方法で考えられる方法は大きく2つです。

これからご紹介する2つの方法以外にも転職サイトなどを利用して転職活動を行うことも選択肢としてはありだと言えますが、転職活動のメインとして利用することは転職活動の長期化や生産性の低さがありますので、あまりオススメしません。

転職エージェントを利用すること

1つ目の転職方法としては、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは日本に1000社以上存在しますが、どの転職エージェントを選んでも同じ成果を期待できるということではありません。

転職エージェントそれぞれに競合となる他の転職エージェントとの差別化を図るために特徴があります。

ただし、大手の転職エージェントと中小規模の転職エージェントの2つで比較的違いを明確にすることができます。

契約社員にオススメしたい転職エージェントの規模は大手の転職エージェントです。

大手の転職エージェントの特徴は、求人の多さとフットワークの軽さです。

求人の多さは中小規模の転職エージェントでは到底敵わないレベルの数を常時持っていますから、契約社員の求職者としては選択肢が拡大するということです。

ちなみに、求人の応募資格には、『契約社員は不可』という求人はありませんから表向きは契約社員であっても、ほぼすべての求人に応募する資格はあります。

大手の転職エージェントを利用して自分が興味を持つ求人に応募する訳ですが、恐らく書類選考の通過率は自分が思う以上に悪いと想定してください。

理由は、まさに契約社員という経歴です。

先ほどもお伝えしたように企業は即戦力を求めていますから、イメージとして契約社員=サブ担当ということで、即戦力基準には満たないということで契約社員の経歴を見ただけで見送りにする企業もあります。

しかしながら、契約社員の経歴と言っても、これまでの職歴が複数社あり、現職など直近の企業で正社員としての雇用形態があれば、マイナスイメージは多少緩和されます。

契約社員の雇用形態で、転職活動で最も評価されないことは直近の雇用形態が契約社員であることです。

最初は契約社員で、2社目、3社目は正社員という場合は、契約社員でもあまり気にすることはないでしょう。

大手の転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーから契約社員の転職状況を教えてもらえたり、職務経歴書の添削があり、見栄え良く、企業の評価ポイントに合わせて内容を作りこむこともできます。

このようにプロ視点で転職支援を受けることで転職サイトなど自己応募のやり方よりも、はるかにアドバンテージを持って企業の選考を受けることができるのです。

大手の転職エージェントのなかでも、絶対外せない転職エージェントはリクルートエージェントでしょう。

日本で最も多い転職支援実績を持っていますし、リクルートエージェント自身も昔は雇用形態が契約社員という社員も多かったため、契約社員がどのような転職活動をすれば良いのかを情報として持っています。

メインでリクナビエージェントを利用するかどうかは求職者の判断になりますが、複数の転職エージェントを利用することが今の転職活動では常識になっていますので、複数の転職エージェントのなかにリクナビエージェントは絶対に入れておいた方が良いです。

紹介予定派遣という選択

契約社員の経歴を持つ求職者は、次の職場では雇用の安定を目的として、または期待し、正社員を絶対条件にしているでしょう。

もし、求職者のなかで次の職場でも、転職活動の進捗が悪ければ契約社員でも良いと考えている人がいれば、それは間違った考え方です。

何となくお気づきでしょうが、契約社員の経歴が多かったり、期間が長くなればなるだけ、転職市場では評価されにくい状況になります。

求職者自らが自分の評価を下げるような転職活動をしてはいけません。

次の転職では正社員として働ける環境を絶対条件にして転職活動をしてください。

と言っても、『なかなか正社員の求人で選考通過しない』というケースも予想できます。

そのようなときに、選択肢の一つとして持っておきたい転職方法は紹介予定派遣です。

『派遣』という文字が含まれているため、難色を示す求職者もいるでしょうが、紹介予定派遣は、非常に優れた転職方法で、転職市場では飛び道具的な意味があります。

決して悲観する必要のない転職方法になりますのでご安心ください。

派遣という言葉が含まれている通り、派遣社員での転職になるのですが、その企業に在籍している期間ずっと派遣社員かと言えばそうではないのです。

ある一定期間を超えると正社員として雇用転換される可能性が極めて高いのです。

正社員としての企業選考を比較すれば、紹介予定派遣という方法がどれだけ契約社員の求職者にとって好都合なのかは分かります。

正社員の場合は、非常に通過率が低い書類選考を行い、次は適性検査があります。その後、複数回の面接を経てようやく内定です。

一方、紹介予定派遣の選考は、派遣会社に登録した後に派遣会社から求人の紹介があり、職場見学という名目で派遣会社の営業マンが同席して面談を受けます。

その後、その場で内定となります。

求人紹介を受けて応募した後に書類選考はありますが、正社員の通過率は2割程度と低いのですが、紹介予定派遣の場合はほぼ100%に近いぐらい通過します。

書類選考と言ってもこれまでの経歴を略歴として提出するだけですし、作成も派遣会社が行います。

面談も面接とは異なり長くても30分程度で終わります。

そのまま内定となり決められた日に派遣社員として転職という流れです。

ここまでは派遣という雇用形態で、契約社員よりも雇用形態としてのレベルは落ちますが、その後が大事です。

派遣社員としてその企業でサポート的な仕事をこなし、最長でも6カ月という期間限定で派遣社員である自分の働き方を企業が評価して、かつ、自分がその企業に正社員として働きたいと思えば雇用変更の面談を受けて、合格すればそのまま正社員として働くことができるのです。

雇用変更の面談もすでに一緒に働いている部署の上司になりますから、日ごろのコミュニケーションの延長のようなもので、大半が雑談です。

雇用変更の面談は意思確認だけの場であり、実質的にはそれまでの派遣社員としての働き方が評価の主になります。

『こんなに簡単に正社員になれるのか?』というぐらい簡単に正社員になれます。

もちろん、飛び道具的な存在としての選択肢ですから、まずは本命であるリクナビエージェントなどの転職エージェントを利用して、その上で紹介予定派遣も取り入れるという方法が良いです。

紹介予定派遣の方法を取り入れる場合でもリクルートエージェントはオススメです。

リクナビエージェントの別事業で派遣事業も行っていますから、担当のキャリアアドバイザーに相談すると、派遣事業の担当者を紹介してくれます。

リクナビエージェントに登録するだけで一石二鳥の転職活動を行うことができるのです。

契約社員であっても正社員転職は可能!

転職活動に明確な答えはありませんし、情報を集めれば今まで知らなかった転職方法があります。

契約社員は転職市場では高い評価を得られない立場で苦戦も予想されるのですが、やり方によっては以外と簡単に正社員転職を実現することができます。

しかも、今の転職市場はかなりの売り手市場で多くの企業が採用活動に苦戦しています。

この時期を逃さず求人紹介数が多いリクナビエージェントなど大手の転職エージェントを積極的に利用し、状況をみて紹介予定派遣を取り入れつつ正社員としての転職を掴んでください。

契約社員から正社員として転職しキャリアアップを目指しましょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment