ニートが社会復帰するためには!?無理なく仕事を探す最適な方法

ニートは、年齢は関係なく現時点で無職の人を意味します。

ニートは特に若者に多く、日本の社会問題にもなっていることですが、若者だけではなく、日本全体を見渡すと30代以上のニートも多くいます。

ニートがニートを自ら脱却する意思はあまり強くなく、周りの助言やサポートは必要不可欠と言われています。

社会全体としてニートを減らすために、国は就職や転職支援に力を入れている現状があります。

ニート=就職できない、転職できないという状況は今の日本にはありません。

理由は国が制度を充実させているということの他に、転職市場が日本経済の影響を受けて売り手市場になっているためです。

売り手市場とは、ニートには最高の状況で、多くの企業が求人を公開し採用活動を積極的に展開している状況を言います。

逆に求人が少ない状況を買い手市場と言いますが、買い手市場になるとニートは転職には苦戦が予想されます。

今のような売り手市場は、向こう10年ぐらいは続くと言われていますので、今がチャンスです。

このチャンスを逃すと転職市場が変わる可能性があることはもちろんのこと、ニート自身の年齢も上がり、年齢が上がればそれだけ転職する機会が少なくなるということになりますから、両面から今がチャンスです。

今回は、ニートが社会復帰するためにはどのような転職活動を行うことが良いのか、また、転職活動のプロセスについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ニートと転職市場

ニートは、現在も含めて長い間、仕事をしていない人を指しますが、ニートが仕事をするためには、企業に在籍しなければなりません。

ニートが企業に在籍するためには、転職活動が絶対になります。

今まで企業に在籍した経験がないため、学生である就活生と同じく就職活動ではまずいのかという声もありますが、就職活動ではだめです。

理由は、就職活動は今まで企業に在籍した経験がない学生向けの市場で、何らかの理由で大学を卒業して1年ぐらい就職した経験がない既卒者だけが特別に就職活動を行うことができるのです。

そのため、ニートが企業に在籍するためには中途採用市場となる転職活動が絶対条件になります。

『よし、企業で働こう!』と思っても、転職活動の方法やニートである自分を取り巻く環境が分からないケースが散見されますから、転職市場の把握しておかなければいけません。

売り手市場であり多くの求人があるということで転職しやすい状況にはあるということは先述の通りになりますが、ニートである自分が転職市場でどのような評価をもらえるのか知っておく必要もあります。

ニートは転職市場では未経験者扱いに分類されます。

未経験者を対象にした求人の多くは、年齢に関係なく転職時の条件はかなり低いです。

具体的に言いますと、新卒の入社条件は月給が22万円が平均になりますが、その額と同額、または、それに毛が生えた程度の条件になることがほとんどです。

企業によっては、月給に住宅手当などの各種手当が加算されることもありますが、数万程度のものです。

ニートは自分が未経験者に該当するということを知っておいてください。

転職市場の常識として、採用する企業は求職者のそれまでの経験やスキル、実績を買うということになりますから、未経験者であるため、転職条件は格安になるということです。

また、転職後に任される仕事内容は新卒と同じような簡単な仕事内容になります。

ニートが応募できる求人

ニートが未経験者扱いになるということは理解できたでしょう。

では、未経験者を対象にした求人のすべてに応募できるのかということですが、残念ながらすべての求人に応募できるということは現実的には難しいです。

採用活動を行う企業の多くはニートに対してどのような理由があっても積極的な姿勢を持っていませんので、応募の段階でニートという経歴があると書類選考の段階で見送りになることが大半です

今ご紹介したのは、転職サイトなど自己応募の方法で転職活動をした場合です。

自己応募の場合は、厳密に言えば、求人に応募資格の記載はあっても、求職者が応募資格を無視して応募することはできます。

ただ、その先に待っているものは応募資格に該当しないということで不合格ボックスに内容は見られることなく送り込まれるということです。

自己応募のなかで転職サイトはニートには相性が悪いため、利用しても内定という成果をもたらすことは難しいでしょう。

ニートでも応募できる求人はありますし、ある方法を使えば、本来は応募資格がない求人にも応募することができ、転職活動の幅を広げることが可能です。

その方法は転職エージェントを利用するということですが、ニート経歴を持つ求職者は、転職エージェントは絶対に活用してください。

転職エージェントや転職サイトの他にも転職方法はありますが、転職エージェントを利用するとしないでは転職活動が大きく変わりますし、結果としても雲泥の差を生みます。

スポンサードリンク

大手の転職エージェントをメインにする

転職エージェントを利用すると言っても多くの転職エージェントが存在しているため、どの転職エージェントを選べば良いのか分からないでしょう。

そのようなときに、ニート以外でも絶対に利用すべき転職エージェントが大手の転職エージェントです。

大手の転職エージェントは数社ありますが、なかでもニートに向いている転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは日本で最も多い求人の数があり、転職支援の実績も豊富です。

そのため、転職活動では応募できる求人数が限定されるニートでも、転職活動ができる数の求人を紹介されます。

また、リクルートエージェントではこれまでさまざまな求職者の転職支援を成立させている実績がありますから、ニートでも転職支援する力量があります。

仮に小規模の転職エージェントを使うと確かにきめ細かい転職支援を受けることはできるのですが、そもそもとして求人数がかなり少ないため、ニートが応募できる求人数はほぼないという状況で、転職活動に支障があります。

転職活動の生命線は求人です。

どれだけ質の高い転職支援を受けることができても、その転職エージェントに求人がなければ転職活動を前に進めることはできません。

その意味で、リクルートエージェントなど大手の転職エージェントは、転職支援の質は小規模の転職エージェントよりも劣りますが、転職活動に支障がない転職支援を受けつつ、求人の紹介も期待できます。

ニートは転職活動をするためには、多くの情報を得る必要もあり、質の高い転職支援を受ける必要もあるので、小規模の転職エージェントを併用した方が良いです。

求人の数は大手の転職エージェントで確保し、転職支援の質は小規模の転職エージェントで確保するというイメージです。

ちなみに、小規模の転職エージェントの使い方としては、求人の紹介はほぼありませんので、企業の選考に必要な履歴書や職務経歴書の作成や添削を受けることです。

書類選考は、企業の選考のなかで最も通過率が低いものになります。

ニートということで企業からの評価は低い前提での選考になりますから、いかに書類選考の通過率が難しいかわかるはずです。

小規模の転職エージェントを利用すると作成から添削まで一切のことを対応してくれますので企業選考対策として十分な内容に仕上げることができます。

小規模の転職エージェントで作成した履歴書や職務経歴書を大手の転職エージェントから紹介された求人の応募に使うことで、両方の転職エージェントの良さを生かすことができます。

転職サイトは情報収集に留める

リクルートエージェントなど大手の転職エージェントは、転職エージェント事業と同時に転職サイトを運営していることが特徴です。

転職サイトは自己応募ですので、ニートの求職者は、あまり向いていないですし、何より応募したとしてもその求人にブラック企業がある可能性があります

ニートも含めて転職活動で苦戦が予想され、実際に選考見送りを多く受けている求職者は、転職活動を早く終わらせたいという思いが強くなり、選考ハードルが低い求人に応募し、その企業から内定をもらったら、特に何も考えずそのまま内定承諾し転職してしまう傾向があります。

ニートとブラック企業は親和性が強く、転職しにくいニートとどのような求職者でも良いので選考ハードルを下げてでもたくさんの求職者を採用したいブラック企業のお互いのニーズが合致してしまっています。

ブラック企業からすると、応募資格を柔軟にしてだれでも応募できるようにしています。

そこに応募できる求人が少なくとりあえず応募できる求人を探し応募します。

ニートであってもブラック企業の選考は普通に通過して内定を受けることができてしまいます。

このような結末にならないようにするために、転職サイトを利用する場合でも、求人に応募するのではなく、多くの求人が掲載されていますから、求人の内容を閲覧して転職活動の情報収集にしてください。

もし、転職サイト上に応募資格がある自分にとって気になる求人があるのであれば、転職エージェントに相談してみてください。

転職サイトと転職エージェントは同じ企業が運営しデータベースを共有していますから、転職サイトにある求人にも転職エージェントを通じて応募することができます。

転職エージェントに相談してその求人がブラック企業かどうかの見極めをしてもらい応募判断をした方がリスクはないはずです。

ハローワークも情報収集として利用

ある意味、使えるものはすべて使うということではないですが、今ある転職方法はすべて使うぐらいの行動力が大事です。

ハローワークについては、ハローワークにブラック企業が多い!?でも説明したように、国が運営する公的な機関で求人紹介という転職支援を行っています。

ハローワークを利用するする理由は求人紹介が目的ではなく、あくまで情報収集です。

ハローワークで行う情報収集とは、各種給付金です。

失業手当の他、企業に入社すると給付金が支給される場合もありますから、ニートという自分の立場をうまく利用して抜かりなくもらえるものはすべてもらえるようにしておきましょう。

仮にハローワークで魅力的な求人があっても、ハローワークから応募してはいけません。

理由は、ブラック企業が混在している可能性があるということと、求人紹介のあとの選考に関することをすべて自分でやらなければならないという時間的なデメリットがあるからです。

基本はやはり転職エージェントを利用することで転職エージェントを中心に転職活動をしながら、その他の情報をハローワークなどの転職方法で集めるということです。

転職エージェント経由の内定は可能か?

転職エージェントを使うことが内定への一番の近道になることは間違いないのですが、ニート経歴を持つ求職者が内定をいつ、どれぐらいの内定数をもらえるのかという点に関してお話しておきます。

ニートの求職者がリクルートエージェントなど大手の転職エージェントを使うことで、転職活動期間は半年ぐらいあれば、今の転職市場の状況であれば1社は内定をもらえることができるはずです。

『たった半年!?』と思うかもしれませんが、今の売り手市場の状況下では半年の転職活動期間は長いです。

平均的に3か月以内には内定を1つはもらえることができる状況ですから、約2倍の期間が必要になるということです。

買い手市場になるとその期間はもっと長くなり1年以上になる求職者もいます。

年齢が若いほど有利

同じニートでも年齢により、取り巻く環境も違えば転職結果も変わってきます。

転職=社会復帰になるわけですが、年齢が高くなればなるだけニートの社会復帰は困難になります。

その場合、どのように転職を実現すれば良いのかということですが、資格が一つ武器になります。

資格と言っても難易度が低い資格ではなくだれでも取得できるものではない国家資格レベルの資格が良いです。

転職市場で、この資格さえあれば、絶対に転職できるという資格は、税理士と公認会計士です。

この2つは企業としては顧問契約するぐらい必要不可欠な資格で、この資格を持っている求職者が転職してくれれば経営的にも安心できますし、コストとしても削減することができます。

難易度はかなり高いのですが、社会復帰のためには取得することもありだと言えます。

ニート期間中の経歴がない分、転職活動をしている今、企業に貢献できる証明となる資格があれば、書類選考でも必要以上に不利な扱いはありません。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment