年収300万の20代は将来性がないのか!キャリアコンサルタントが教える転職前に考えるべき8つのこと

スポンサーリンク

年収300万の20代は、今の仕事に対して不満や不安を持ち、転職活動に踏み切ることが多いです。

キャリアコンサルタントとして多くの20代求職者に会ってきましたが、年収300万円で転職を考えるならば確認してほしいことがあります。

それは「今の会社に将来性はあるのか」ということです。

安い給料で働いている20代の多くは、いわゆるブラック企業に勤めていることが多いです。

激務で薄給の仕事を続けていてもモチベーションは上がりません。

そうなると、転職するのが一つの解決策になります。

こうした年収300万のブラック企業から転職したいという20代は増えています。

ですが、本当に転職すべきかの判断が甘く、転職に失敗する20代も少なくありません。

今回は、年収300万円の20代で転職すべきかの判断をどこですべきか、キャリアコンサルタントとして説明します。

スポンサーリンク

20代でも年収300万円はブラック企業になるのか

まず最初に、年収300万だとブラック企業になるのかについて説明したいと思います。

年収とは採用を行う企業からすると、その求職者の仕事の価値を意味しています。

年収が高いということは、採用後にレベルが高い業務を任せようと考えるのが一般的です。

そのためキャリアが少ない20代の年収が低いのは、当然のことになると理解してください。

年収300万は確かに高い給料ではありませんが、一般的なホワイト企業でも年収300万の20代はたくさんいます。

結論を申し上げると、20代で年収300万だからブラック企業になるとは言えません。

年収300万の転職判断材料

20代で年収300万だからといって、ブラック企業になるわけではありません。

ただ年収300万のブラック企業が多いのも事実で、こうした企業の場合は転職を考えたほうがいいという特徴をお教えします。

  • 残業時間が長いのに残業代が出ない
  • 先輩社員や同期がどんどん辞めている
  • 福利厚生がしっかりしていない
  • 給料アップが期待できない

まず残業時間が異常に長かったり、離職率が高い企業はブラック企業の可能性が高いので転職を考えるべきです。

ブラック企業は20代のような若い労働力を酷使する傾向があるからです。

また各種手当や有給休暇などの福利厚生がしっかりしていない企業も、ブラック企業の可能性があるので注意してください。

そして、給料アップが期待できない企業(これはホワイト企業でも少ないところはあるのでグレーです)も、将来性を考えると転職を考えて良いレベルと言えます。

これらに該当している場合、将来的に転職したいと必ず思うので早いうちに決断しておくべきでしょう。

年収300万の20代が転職で目指すべき職種

20代で年収300万で、労働環境の改善が期待できないのであれば、転職することをおすすめします。

ただ業界によっては給料が上がらないものも多く、できれば将来性のある職種を選ぶようにするのが成功の秘訣です。

20代は年齢的には需要が高いので、キャリアチェンジをすることも難しくはありません。

ですが転職するのであれば、将来性のあるキャリアを選ぶことが転職を成功させることに繋がります。

では、どんな職種に将来性があるのかと言うと

  • エンジニア
  • 営業
  • 介護士
  • 看護師
  • 公務員

などが将来的に伸びると言われている職種になります。

特にIT業界などはスキルがあれば年収アップの伸びも大きく、20代でも高収入のエンジニアが多いのが特徴です。

もちろんキャリアチェンジをした時の年収は低いですが、よほどのブラック企業でなければ年収300万以上になるのが普通です。

20代であれば公務員を目指すのも良い選択と言えます。

安定に関しては、公務員に勝るものはありません。

女性の場合は、看護師などは一生ものの仕事としておすすめできます。

職種は希望もあるでしょうが、仕事として将来困らないものを選ぶことも検討してください。

年収300万円の20代が転職でどのくらい給料アップできるのか

20代の年収に関しては、正直なところ転職をしたからといって劇的に上がることはありません。

300万の年収がアップしたとして、良くて30万~といったところではないでしょうか。

ただし、このことにガッカリする必要はありません。

むしろ大事なことは将来の見通しで、きちんと評価してくれる企業に入れば年齢と共に給料もアップしていきます。

特にブラック企業から転職した20代は、労働環境が劇的に良くなったと転職にとても満足しています。

第二新卒市場ができるほど若手の転職市場が活発化している

ここで、現在の転職市場について少し補足説明をしたいと思います。

今の転職市場は、第二新卒という市場があります。

第二新卒は、就職後3年以内(目安です)に辞めている人のことを指し、ほとんどが20代になります。

第二新卒の求職者に特化した転職エージェントも登場するぐらい、第二新卒の市場は盛り上がっています。

20代の転職は、この第二新卒がライバルになると思ってください。

もし20代で転職を考えているならば、第二新卒に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

参考:第二新卒は転職エージェントを利用してブラック企業を回避すべき!キャリアコンサルタントが教える転職サイトだけの危険性

年収300万の20代は転職サイトだけで活動してはいけない

年収300万で転職を考えている20代の人の多くは、転職活動のやり方に「転職サイト」を選ぶ人が多いです。

転職サイトは求人探しに役立つのですが、20代の転職では失敗する原因になるので注意してください。

なぜ転職サイトで失敗するかと言うと、

  • 20代は採用されやすい
  • 人事との交渉ができない

この2つの理由で多くの20代が転職に失敗しています。

20代は採用されやすい

転職市場として間違いないことに、若手ほど採用率が上がることがあります。

年収が300万など企業からすると条件の良い20代は書類選考や面接の通過率が高く、転職活動にそこまで苦戦しないという人も多いです。

ただし、20代は採用されやすいために、簡単に転職先を決めてブラック企業に勤める人も少なくないのです。

転職活動は辛く精神的にも厳しいので、内定をもらったら即決する20代も実はたくさんいます。

企業判断がしっかりとできていないために、転職後に思っていたのと違う会社だったというこになるのです。

特にブラック企業などは、上手い手口で20代を積極的に採用します。

参考:ブラック企業の見分け方!面接の手口をキャリアコンサルタントが教えます

20代は採用されやすいからと、安易に転職しないように気をつけないと失敗に繋がります。

人事との交渉ができない

もう一つの理由として、20代の多くは転職に慣れていないために人事の都合良い条件で採用されることもあります。

特に若い年齢の人は早く内定が欲しいので、中途半端な交渉をして失敗してしまいます。

参考:転職で妥協してはいけない理由!キャリアコンサルタントが教える後悔しない転職方法

転職は一生を左右するイベントになるので、絶対に妥協をしてはいけません。

ブラック企業に勤めている20代などは、早く転職したいと年収を妥協する傾向にあります。

もちろん労働環境が良く成ればある意味成功ですが、年収が300万で提示されたら簡単にサインすべきではありません。

転職サイトは年収が書いてある求人も多いですが、MAXの年収を提示されることはほぼありません。

こうした交渉ができずに、転職後に後悔する20代も少なくありません。

年収300万の20代が給料を上げるための転職方法

20代が転職で年収を上げることは簡単ではなく、年収300万が簡単に上がると思って期待してガッカリする人も多いです。

よく転職サイトのノウハウには、

  • こうやれば必ず年収が上がる
  • 転職で年収が上がった

という文言で、利用促進を図っています。

ですが年収300万の20代転職はそこまで甘くありません。

先ほど説明したように、企業側(人事)もキャリアの少ない20代にそこまで高い給料を払おうとは思っていません。

では、年収300万の20代は給料を上げることを諦めるべきなのでしょうか。

確かにブラック企業などに勤めているのであれば、労働環境が変わるだけでも転職成功と言えます。

ですがキャリアコンサルタントとしては、やはり求職者の希望を最優先にしたいので、年収300万円の求人で年収を上げるコツを紹介したいと思います、

20代の年収アップのコツは、大手転職エージェントと第二新卒の転職エージェントを併用することです。

具体的な手法をお伝えすると、第二新卒の転職エージェントから紹介された求人を大手転職エージェントに状況提供して応募する方法になります。

この方法はかなりニッチな方法で恐らく大半の求職者、または、どの転職エージェントを利用しても教えてくれることはありません。

第二新卒の転職エージェントの求人の出どころは、企業の経営者から直接依頼されていることが多いです。

実はそうした求人は年収300万円と言っても、実際はもっと高い条件で転職できる可能性があります。

経営者から直接依頼されている求人は、求人票に記載されている以上の年収提示が予想できます。

大手の転職エージェントから応募しても条件は変わりませんから、転職支援実績が十分な大手転職エージェントから応募すると内定確度は上がり、その内定条件も上がる可能性があるということです。

まず第二新卒に強い転職エージェントに登録をして、キャリアアドバイザーに転職相談を行いましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント

同時に20代に特化した大手の転職エージェントを利用することで、より良い条件の求人を紹介してもらうことができます。

20代に特化したおすすめ転職エージェント

年収300万の20代は珍しくはありませんが、より良い条件の求人も実は多いです。

現状に満足していないのであれば、転職エージェントに相談をして希望の求人を紹介してもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました