人間関係が悪く仕事を辞めたい!そんな時に頼るべき方法を紹介します

人間関係が悪く仕事を辞めたいと思うことは必ず1度はあります。

企業に関わらず、生きているうちは、人との関わりは切っても切り離せないことで、人間関係が人生に影響を与えることも良くあります。

求職者のプライベートであれば、必然的に自分の周りにいる人間は、自分と価値観や考え方が似ているため、特別、不利益となるようなことはないでしょう。

しかし、企業ともなれば、求職者である自分が採用決定者や経営者ではない限り、自分が採用した人以外が同じ組織に在籍しているため、自分の価値観や考えと合わない社員も多くいるはずです。

企業で仕事をする上で、周りの社員との連携がうまくできる人とできない人では仕事の成果に影響があります。

今回は、人間関係が悪く仕事を辞めたいことについて、

スポンサードリンク

人間関係が悪く仕事を辞めたい人は多い

転職市場には多くの求職者が転職を希望して転職活動をしているのですが、転職エージェントの統計データで、転職を希望する理由のトップは、『現職に不満があるから』です。

『不満』をもっと細分化していくと、下記のようなことが上位を占めます。

  • 上司との相性が合わない
  • 職場の組織に馴染めない
  • 同僚と不仲になり会社で孤立している

このいずれにも共通していることは、『人との関わり』であり、人間関係です。

例えば、上司と相性が合わないという理由で転職を希望する求職者の場合、上司はその会社が決めることで、部下である自分が決めるということはありません。

また、上司が合うか合わないかは転職先でも同じことがあり、転職して配属され、上司と仕事をすることになりますが、最初は『良い人』と思っていても、一緒に仕事をしていくうちに、上司と相性が合わないことが多くなるということも可能性としてはあります。

どれぐらいの確率かは不明ですが、結果としては、相性が合うか合わないかの2つになりますので、確率は50%です。

上司と相性が合わない以外の人間関係に関することは、全く同じことが言えます。

面接では職場環境を実際に知ることはできませんが、面接を通して、『自分に合う』と思っても、実際、働いてみるとイメージとは違うということもあります。

また、同僚と不仲になったということも、転職先でも同じことが起こりえるのです。

人間関係を理由に退職することは、今の転職市場では最も多い理由になりますが、人間関係を理由に転職を希望することは、転職先の自分に対してあまり良い影響を与えるとは言い難いものがあります。

人間関係を理由にした場合の転職活動

人間関係はどこにいっても必要なことで、企業が人で成り立っているうちは、転職先でも人間関係が仕事に与える影響は大きいです。

先述の通り、今の求職者には人間関係は大義名分の転職理由になっています。

そこで、人間関係を理由に転職活動をする場合、どのようなことが起こりえるのかご紹介していきます。

最も、苦戦が予想されるシーンは面接です。

面接では、退職理由と転職理由、または志望理由を必ず聞かれます。

退職理由に、『人間関係』に関する理由を述べてみてください。

面接官が必ず思うことは、『それぐらいで?』や『うちの会社でもあり得ること』ということで、前向きな印象を求職者に持つということはありません。

人間関係を理由にすることは、面接において、前職批判に感じることが多く、面接官に良い印象を与える退職理由ではないのです。

求職者は、面接含めて企業の選考では、企業に前向きな印象を与える必要がありますが、人間関係を理由にしてしまうと、退職する前に解決しようとしたのかどうか、または、それぐらいのことで会社を簡単にやめるんだというネガティブイメージがつきます。

また、何より面接で恐ろしいことは、人間関係を理由にすると、受け取る側は、『この求職者は、基本的に人のせいにするタイプ』と感じることです。

批判だけであれば、まだ良いのかもしれませんが、それに加えて他責人間と思われてしまうと、非常に厄介です。

企業の多くは、他責人間は採用をしないようにしてます。

他責との反意語で自責という言葉があります。

すべてのことは自分が起こしたことということで、物事を人の責任にするのではなく自分に矢印を向けることができる人材を企業は求めています。

スポンサードリンク

企業には中途採用でリスクもある

求職者にとっても必ず自分のイメージ通りの職場環境とは確証がありませんから、リスクもあるのですが、企業にも同じことが言えます。

企業という組織は人で構成されていて、日本にある企業の大半は、5割ぐらいを中途採用で賄っています。

新卒採用と中途採用の違いは何か分かりますか?

企業からすると、新卒採用で採用する新卒者は、その企業が一社目になりますから、それまでの経験や文化がフラットになります。

しかし、中途採用のなれば、その企業に転職するまでに最低でも一社は経験があるということで、文化を知っています。

業務としては経験が必要で、その経験が即戦力になりますから企業のメリットは大きいのですが、文化醸成として考えると、リスクがあります。

中途採用者の前職までの文化が企業内に入り、それが変な形で伝播されていくと経営者が思う企業文化とは違う文化が強くなってしまいます。

ある求職者が他責人間で、すぐに人のせいにするようなタイプで、企業では他責人間がいないとします。

120%、その求職者は組織で浮く存在になりますし、一方では文化も濁る要因になります。

中途採用を行う企業には求職者に対してこのリスクがあるので、選考では他責人間は絶対に採用しないようにしています。

転職活動をする前にコンサルティングを受ける

転職活動をする前に、人間関係を理由に転職を考えている求職者はコンサルティングを受けるべきです。

コンサルティングを提供してくれる転職方法は転職エージェントしかありません。

転職サイトやハローワークは基本的求職者自身が企業の選考に関するすべてのことを行い、自分の転職活動の支援をしてくれる存在はいません。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーという直接、求職者の転職支援をしてくえる対象がいますし、キャリアアドバイザーは転職支援の一つとしてコンサルティングをしてくれます。

求職者はあまり知らないかもしれませんが、キャリアコンサルタントという資格があります。

人材業界で仕事をした経験がある求職者は、もしかしたら聞いたことはあるかもしれません。

キャリアコンサルタントとは、少し前までは認定資格でしたが、今は国家資格になっています。

キャリアコンサルタントがどのようなことをするのかと言いますと、求職者の転職に関する助言やサポートをします。

コンサル
キャリアに悩んでいる場合、どのようなプランを描いて、悩みを解決し自分にとって最善のキャリアを形成するかということもキャリアコンサルタントの仕事ですが、退職理由についても範囲になります。

転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーすべてがキャリアコンサルタントの資格を持っているかと言えば、そのようなことはなく、求職者からするとキャリアアドバイザーを最初の段階では自分で選ぶことはできませんので、運が必要です。

しかし、ある転職エージェントを利用するとキャリアコンサルタントの資格を持ったキャリアアドバイザーが担当になる確率が一気に上がります。

その転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントでは、キャリアコンサルタントの資格をキャリアアドバイザーに推奨していて、キャリアアドバイザーとしての経験年数が浅い年齢の若いキャリアアドバイザーには、特に推奨しています。

その理由は、転職理由に人間関係を含めて軽微なこと、転職先でも起こりえることを理由に転職しようとする年齢が若い求職者に多いからです。

キャリアコンサルタントのアドバイスを受けることで、現在、転職活動をしようとしている自分の退職理由が相当であるかどうか、また、企業にその退職理由を伝えるとどのような反応になるのか、面接前に知ることができます。

ここでのポイントは、転職活動の中盤以降でアドバイスを受けるのではなく、転職活動の初期段階でアドバイスを受けることです。

キャリアコンサルタント資格を持つキャリアアドバイザーからアドバイス結果

求職者がキャリアコンサルタントからアドバイスを受けると、その退職理由では面接でマイナス評価を受けると知り、面接では本当の理由は言わずに、面接対策として退職理由を作りこむことになります。

予めお伝えしますが、どのような転職エージェントであっても、求職者に対して退職理由にウソをつきなさいというアドバイスはしません。

キャリアアドバイザーは、あくまで求職者に対して、人間関係を理由にする退職は、面接ではツッコミどころ満載であるため、もっと考えた方が良いとアドバイスします。

そのアドバイスを聞いて、転職活動の意思が変わらない求職者は、退職理由を作り込んででも転職しようとします。

企業も本当のことを面接では言わないこともありますから、求職者も同じスタンスで良いのです。

面接は求職者と企業の駆け引きの要素もあります。

求職者からすると、人間関係を理由として退職理由を面接で伝えて、厳しい面接になり、しかも、見送りになるよりも、作り込んで内容の良い面接にして選考結果も通過となった方が良いはずです。

人間関係が原因で仕事を辞めたいんら転職エージェントが頼もしい

転職エージェントを利用して転職活動をすると、人間関係を理由に転職することはあまり望ましいことではないということをアドバイスしてくれます。

転職エージェントには、人材育成の転職支援や性格診断もあります。

その性格診断は非常に参考になり、キャリアアドバイザー以外の客観的な視点でデータとして自分の特徴が示されます。

コンサル
適性診断をすることで自分に合った職種や業界を知ることができます。

転職エージェントを使って自分を更に客観的に見ることで、自分にぴったりの職場を探すことができるようになります。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment