転職は職歴がないと失敗する?職歴がない人が成功するための方法

求職者のなかには、自分のこれまでの経歴に過信を持ち、転職活動をして、『すぐに決まるだろう』という楽観的な予想とは裏腹に内定はおろかなかなか選考すら通過しないという人もいます。

求職者が思う以上に転職市場は甘くなく、1つの求人に対して何十人もの求職者が応募しますので、選考倍率が高いのです。

人気がある求人であれば、100人、200人という応募数は普通にありますし、人気がない求人でも10人ぐらいは応募があります。

転職活動は、求職者が個人で行うことであり、他の求職者がどのような活動をしているのか、どれぐらいの求職者が自分と同じ時期に転職活動をしているのか分かりません。

また、自分ではすぐに決まると思っていても、それはあくまで自己評価であり、転職活動は、企業が求職者を評価するという構図になりますから、実際のところ自分を企業がどのように評価するかはやってみなければ分かりません。

転職を本気で考えて転職活動をする求職者が大半ですが、なかには戦略的な求職者もいて、自分が転職市場でどのような価値があるのか自分の値打ちを知りたいということで、情報収集を目的として転職活動をして、状況によってそのまま続け、状況によっては転職活動をしないという判断をする人もいます。

このような戦略的な求職者はあまりいませんが、現職にそこまで大きな不満や不安がないのであれば、急いで転職する必要はありませんから、一旦、様子を見るという意味で情報収集から転職活動をするということは良い選択です。

転職活動は企業が求職者を評価するという原則的な状況を鑑みて、転職活動を考えなければなりませんし、自分の職歴が転職すべき内容かどうかを見極めることも大事なことです。

求職者の傾向として、どれだけ自分の経歴に自信がある求職者でも、転職活動中に多くの企業から選考見送りの連絡を受けると自信はなくなり、自分を疑い、自身喪失に繋がり、仕事に対してのモチベーションを失う人も多いです。

だれしも認められないよりも認められたいですし、それが承認欲求で、認められないことが継続的に起こると、必要以上にテンションを下げることに繋がります。

スポンサードリンク

若い求職者に多い勇み足の転職

以前は、年齢が若いうちから転職することを日本の多くの企業は快く思っていませんでした。

そのため、多くの企業が若い求職者に対して強い抵抗を持ち、面接はもちろん、書類選考の段階から、年齢だけで見送りにする数が多かったです。

しかし、最近はリクルートエージェントの第二新卒という造語により、第二新卒が世間的に認知され、転職市場には第二新卒という1つの市場が生まれるぐらい若手求職者の転職は当たり前になっています。

このような環境であるため、それまでよりも若い求職者からすると転職に対して抵抗がなくなり、ほんの少しの理由で我慢よりも転職を選択にしています。

転職市場全体としては、求職者の数が増える訳ですから決して悪いことではないのですが、個人として考えると、転職市場の流れに乗って安易に転職することはあまりオススメできるものではありません。

多少の不満や不安ならば転職せずに状況が変わるまで我慢するということが前提としてお話しますが、若い求職者が転職するには、企業が評価し採用したいと思えるレベルの職歴が必要です

職歴とは、簡単に言いますと、それまでの企業で、どのような職種でどのような仕事内容を行い、どのような成果を出してきたかということです。

この内容が濃ければそれだけ転職確度は上がるということになりますが、年齢が若い分、決して濃いとは言い難い内容でしょう。

世間知らずという言葉が当てはまるのかもしれませんが、転職市場には自分が思う以上にすごい職歴を持つ求職者がたくさんいて、1つの求人に対して、すごい職歴を持った求職者と競争することになります。

企業はすべての求職者を相対的に判断して、最も貢献してくれそうな求職者に内定を出します。

若い求職者に多いことは、周りを意識することなく自分に対して強い自信だけが先行し、転職活動をした結果、自分が思う以上にまずい職歴だったと気づくということです。

そこで、一旦、我慢して現職に在籍していれば良いのですが、若気の至りで、そのまま転職が決まるまで転職活動を続行してしまいます。

しっかりとした転職軸を持ち、ブレない転職活動であれば良いのですが、冒頭でもご紹介した通り、我慢よりも転職を選択として選び、あまりに選考見送りの数が多くなり自信喪失の状態になり、転職軸を変えたり、まずはどこでも良いから転職という思いになります。

結果的にこのような転職活動をするとどうなるかと言えば、その時の転職には後悔し、さらには自分の人生にも大きな悪影響を与えることになってしまいます。

転職が人生に関わることを知る

転職することに対しては悪いことでもないですし、求職者が思うほど弱腰になることもありません。

今は転職がブームではなく文化になっていますので、自分以外の求職者も当たり前のように転職活動をしています。

しかし、安易な考えと弱腰は意味が違います。

対して考えず転職活動をすると、転職は仕事選びという言い方もできますので、仕事は人生の3分の1以上を費やす中心的なことです。

転職した結果、自分が希望しない業界や職種で働いた場合、その内容は、自分の職歴となり、経験者になります。

求職者は、慎重に考えなければならないことは、職種は転職でそう簡単に変えることはできないということです。

転職市場は、経験を企業が買うということになりますから、転職時の条件で考えると、未経験者ということはそれだけ企業に貢献するまで時間がかかるということで、企業は未経験者に対して業務の教育をしなければなりません。

経験者の方が圧倒的に企業貢献度は高く、その分、転職時の条件も優遇されるということです

転職とは人生に大きな影響を与えるということを知り、転職すればすべてが解決するという安易な考えはやめてください。

転職活動よりも転職後の人生の方がよほど長いのです。

スポンサードリンク

職歴をどうやって見極める?

若い求職者も含めて、転職市場で自分の職歴が通じるものかどうか、どのような評価を受けるのかどうかを知る機会は、正直ありません。

例えば、現職に対して、上司や先輩に、『僕の職歴って、転職活動したらどう評価されますか?』などと聞けないでしょう。

そのようなことを現職に関わる人に聞いたら、内緒で行っている転職活動が知られてしまい、その後の現職での働き方に不都合がでます。

家族や友人に相談することも良いのですが、転職に関しては素人です。

どう評価されるかを、『何となく』は対応してくれるかもしれませんが、その評価は間違っていることもあります。

間違った認識のまま転職活動をすると損をするのは自分です。

そこでオススメしたい見極め方は転職エージェントです。

転職エージェントは、転職支援のプロです。

求職者が利用する前にかなりの数の求職者の転職支援をしてきていますから、それに比例する数の職歴を知っています。

また、転職エージェントの事業は企業の採用支援を行うことでもありますから、どのような企業がどのような職歴の求職者を求めているのか、どれぐらいの職歴ならば選考でチャンスがあるのかを知っています

すべてにおいて転職支援のプロ視点で判断することができるので、転職活動には不慣れな求職者は特に利用すべき存在です。

転職エージェントの他にも転職サイトなど方法はいくつかあるのですが、転職エージェント以外はすべて求職者自身が行うことになるため、自分の職歴を見極める対象としては向いていません。

職歴の見極めで具体的な転職エージェントの使い方

登録面談前に求職者は自分の職歴を作成して転職エージェントに提出することが必要です。

登録時に必須提出になっていませんが、転職エージェントからすると求職者の職歴を職務経歴書の内容で判断しますので、求職者としては必須提出と考えておいた方が良いです。

担当のキャリアアドバイザーが1名つきますが、登録面談で、求職者の希望条件を伝え、また、職歴の概要を伝えます。

その内容を踏まえて、また、予め提出されていた職務経歴書の内容で求人を用意しているのですが、そのタイミングでキャリアアドバイザーから、指摘もあります。

求職者は転職エージェントからするとお客様になりますから、厳し過ぎる対応はしませんが、優しく今のキャリアでは転職活動は長期化するかもしれないと言われます。

そこで気づければ良いのですが、気づけない求職者が多く、その場合は、転職支援中に求人紹介に併せて、現職を辞める理由をもっと明確にすること、または、転職しないことも選択肢の一つと助言があります。

登録面談の段階でキャリアアドバイザーは遠回しに今の職歴では転職活動はしない方が良い、するとしても苦戦するということを言っているので、その指摘に対してスルーするのではなく、具体的にどのような部分が不足しているのか聞いてみてください

先ほどの通り、キャリアアドバイザーは、これまで求職者と同じレベル感の職歴を持つ求職者を何人も見てきていますし、転職活動がどのようになるのかもある程度、確信に近いレベルで予測することができます。

職歴が浅いではなく荒れている場合の立ち回り方

職歴が浅い求職者もいますし、職歴が荒れている求職者もいます。

職歴が浅い求職者は比較的、年齢が若い求職者が大半ですが荒れている求職者は、年齢が上がればその可能性は大きくなります。

職歴が荒れているとは、簡単に言いますと転職回数が多いことを言います。

企業のほとんどは、転職回数にはシビアな視点を持っていて、転職回数が多ければ多いだけ、それだけで転職活動には不利な状況になります

なぜかと言いますと、企業は社員に対して長く働いて欲しいという基本的な考え方があるため、職歴が荒れている求職者については、採用してもすぐ退職する可能性が高いと想像するのです。

転職活動の年齢が30歳であれば、多くても3回が限度で、それを超えると書類選考の段階で見送りになる可能性が高くなります。

20代で転職回数10回という求職者もいますが、平均以上の企業には転職することは難しいと考えてください。

転職は文化になっていて、身近な存在ではあるものの、身近過ぎることはリスクしか残りません。

荒れている職歴を持っている求職者は、自己応募の転職活動は避けて、必ず転職エージェントを利用して転職支援を受けてください。

転職エージェントを利用すれば、職歴が荒れてもチャンスはあります。

自己応募で転職活動をすると、転職活動がうまくいかず不用意に条件を下げて、最終的に選考ハードルが低い企業、すなわちブラック企業に転職してしまうリスクが多いです。

転職回数が多い求職者をブラック企業は全く気にせずに採用しようとします。

長く働いてもらう気はさらさらないからです。

転職エージェントを利用すれば、確かに転職活動は長期化し苦戦を避けることはできないとしても、最低限度となるブラック企業への転職を回避することができます。

転職エージェントにはスクリーニング機能が充実していて、ブラック企業やそれに近い労働環境を持つ企業への転職をさせないようになっています。

なかでもスクリーニング機能が充実している転職エージェントはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントを中心的に利用することでスクリーニング機能の他、求人の紹介数も確実に他の転職エージェントよりも多いです。

ただでさえ応募しても途中と選考を通過する可能性が低い訳ですから、求人の紹介数は生命線です。

職歴を確認してから転職活動を!

すでに退職してしまっている求職者は別として、現職に在籍している求職者には現職に残るか、それとも転職するかの2つの選択肢が残されています。

この2つは人生の分岐点になりますから、今の職歴で転職すべきかどうかを転職エージェントを利用して見極めてください。

転職活動をしても途中でやめるということも一つの選択です。

無駄に転職を決めてしまっても、前職の方が良かったということにもなりかねません。

職歴を確認して、転職エージェントにも十分な評価を得ているのであれば、思いっきり転職活動をしてください

転職活動はいつでもできますが、過ぎ去ったことは戻ることはありません。

転職活動をするな、転職をするなということではなく、企業から評価される職歴を得てから転職活動をしましょうということです。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment