転職理由を攻略するポイントは!現役アドバイサーが教える合格のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の選考を受けると書類選考や面接で必ず企業から質問されることが転職理由です。

転職理由は、退職理由と重複する点もありますし、その意味では退職理由もしっかりと裏付けした理由を持つことが大事です。

文章にすると簡単に感じてしまうかもしれませんが、採用活動を行う企業は、求職者が思っている以上に転職理由を大事にしています。

背景としては、自社はこれから中途採用者を採用する側であっても、採用した求職者がもしかすると退職する可能性もあり、転職理由に納得性がないものであれば、採用しても同様の理由で自社を退職するのではないかと勘繰ってしまうのです。

この企業の考え方は『明日は我が身』という言葉がぴったりで、自社も同じような理由で退職されては困るということで、採用する前に転職理由をしっかり聞いて、自社が同じような状況にならないようにリスクヘッジをしているのです。

ですので、多くの企業は、書類選考や面接において、求職者の転職理由をかなり重要視していて、企業側として納得感がない転職理由であれば、他の内容で高い評価をしていても、そのまま見送りにしてしまいます。

転職の面接で大事なことは

転職理由は、求職者の転職活動では、退職理由と重複する部分も多々あり、過去の内容が含まれているので、そこまで重要とは考えていないのですが、企業からすると将来の自社のことになりますから重要な要素になります。

求職者が転職活動をするなかで、特に企業の選考に関しては適当な理由を伝えてしまうと、取り返しがつかないことになりますから、自分が思う以上に企業が大事にしていると認識して抜かりない転職理由を伝えてください。

また、転職理由は、本音と建て前の世界があり、企業の選考対策としての転職理由と、自分のなかでの本当の転職理由があるはずです。

もちろん、この2つが全く同じという求職者もいますが、大抵は現職や前職に対して不満や不安を持って転職しようとしますから、本音と建て前の転職理由があります。

不満や不安を持つことは決して悪いことではないのですが、そのレベルが問題であり、不満や不安が在籍したままだと将来的に自分にとってどれぐらいの不利益になるのかを見極めておく必要があります

今回は本音となる自分自身の転職活動に生かしてほしい転職理由と企業の選考対策となる建て前の転職理由の2つについてご紹介します。

本音の転職理由は自分に転職活動に影響する

本音となる転職理由は、自分自身にとって前向きな理由でなければなりません。

その理由は、現職や前職で起こりうることは、転職先でも同じことが起こりえる可能性があるからです。

例えば、転職理由に、『上司との相性が合わない』、『自分が思う評価より会社が評価するものが低い』という理由を持つ求職者がいますが、このようなことはどの企業でもあります。

上司を部下が選ぶものではなく、企業が選ぶものです。

また、評価においても同じで評価は自分がするものではなく周りがするものです。

このような理由は、すべてネガティブな理由であり、次の企業でも可能性があることですから、それを理由に転職しようとすることは、はっきり言って良い転職はできません。

良い転職とは、現職や前職では絶対にかなえることができないことを次の企業で実現し、かつ、長く働き活躍することです。

求職者には、転職を勘違いしている人もいて、転職をゴールだとはき違えています。

転職はゴールではなく通過点であり、自己実現を行うためのあくまで手段であることを忘れていけません。

最近は、転職市場の好景気により転職する求職者が多くなり転職が文化になりつつあります。

転職すること自体は自己実現の選択肢の一つとして全く問題ないのですが、転職後も起こりうる可能性を転職する理由にすることは全くの見当違いです。

このように前向きではない理由で転職活動を始めて転職した求職者の傾向として、転職後に早期退職をして、近い将来また同じく転職活動をしています。

転職は便利な一面もありますが、実は怖いものでもあります。

転職は人生においてそう何度も行うものではなく、多くても5回程度です。

年齢が若いうちにネガティブな理由で転職をすると、次の企業でも同じことが起こり、その企業でも我慢することができず、さらに転職をするという具合に転職が繰り返され、そのうち、癖に変わり最終的に習慣に変わります。

転職が習慣になると相当厄介で、我慢や問題解決の前に転職が頭に浮かび転職を繰り返すということになります。

転職回数が多いと転職市場では評価されません。

企業には書類応募の条件として、何歳までで転職何回という決め事をしている企業もあります。

どれだけ素晴らしい職務経歴書を作成しても転職回数で一発アウトということも想定できることです。

悔いのないビジネスマン人生を構築するためにも自分自身に対しての転職理由は些細なことやネガティブなことではない前向きな理由でなければなりません。

転職理由そのものが転職活動、または転職に大きな悪影響を与えるリスクがあるということを認識してください。

前向きな理由としては、将来に向けて、『自分はこうなりたい』、『こんなことをしたい』という願望が含まれていることが良いと言われています。

転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーから登録面談などで同じようなアドバイスを受けることがあるはずです。

キャリアアドバイザーは転職支援のプロで多くの求職者のタイプとそれぞれの転職結果を知っています。

単純に自分の価値観だけでアドバイスしているのではありませんから、思うことは多々あるかもしれませんが、素直に聞き入れて頂ければ大けがはないでしょう。

企業向けとなる建て前の転職理由

あくまで企業の選考対策としても転職理由ですから、ネガティブな要素は絶対にまずいですし、現職や前職の経営批判、上司批判と取られても不思議ではないような内容を発してはいけません。

典型として、『経営のやり方が自分には合わない』、『経営の方向性が変わったため』という理由は、経営批判と面接官に取られても不思議ではないのです。

企業からすると経営は生もので、その状況によって変化します。

常に一定のものではないですし、状況によっては今までと180度違うやり方もあり得ます。

そのなかで、経営のやり方が合わないということを転職理由にしてしまうと、面接官はどう思うでしょう。

まず間違いなく、『当社でも経営のやり方が合わないとやめるのかな?』とか、『方向性が変わると対応しきれないのだろう』ということで前向きな印象を持つことはありません。

余程のことがない限り経営批判、上司批判に繋がる理由を転職理由に並べると確実に見送りになります。

建て前の理由ですから、当たり障りないことが最低条件で、本音の転職理由と同じく前向きな理由を作った方が良いです。

『転職理由を作る』という表現をしましたが、本音は違う理由であっても相手によってはネガティブに取られかねないと思うのであれば、選考を通過するため、転職理由を作るということも転職活動のテクニックです。

選考対策の転職理由で、基本的にはどの企業でも通じるものがあります。

『特別、現職に不満はないのですが、違う世界で勝負したい』という当たり障りない転職理由です。

この理由に付け足しで、転職先では長期的に仕事をしたいと考えていると伝えることで良いです。

この当たり障りない転職理由に志望動機を絡めて、『御社の企業理念に共感した』としておけば、その企業でしか通じない独自の転職理由と志望理由が完成します。

転職理由を客観的に評価してもらうことが必要

どのような求職者であっても、自分のことを主観的に見てしまいがちで、いくら客観的に自分を見ようとしてもなかなか難しい部分があります。

今の転職市場において自己応募で転職活動をすることは生産性が低いことも理由でオススメできないのですが、自己応募をオススメできない理由には客観的な視点でアドバイスをくれる存在がいないということです。

この点を解決するためには転職支援を行ってくれる転職エージェントが必要です。

家族や友人であっても良いのですが、転職活動に関しては情報量やノウハウが少なかったり、なかったりしますので得策とは言い難いです。

やはりプロの視点で客観的に求職者である自分を見てくれて、自分で思う転職理由や選考対策で作った転職理由が前向きな要素が含まれているか、ネガティブな要素はないかを見極めることが必要です。

このすべてを解決してくれる存在は今の転職市場においては転職エージェントしかありません。

求職者が違えば、内容は類似していても全く同じ転職理由はありませんし、応募する企業が異なれれば、建て前となる転職理由も変わってきます。

キャリアアドバイザーは数多くの求職者の転職理由を知っていますし、どのような内容の転職理由であれば、企業が評価するのか、またはその逆があるのかも把握しています

より充実した転職活動をするために、企業の選考通過率を上げるためには転職エージェントを使うことがベストです。

自分がばっちりだと思っている転職理由でもキャリアアドバイザーからみると不完全である場合も多々ありますし、企業ごとの癖を知っているキャリアアドバイザーだからこそ指摘できることもあります。

転職エージェントを利用すれば、転職理由もそれほど怖いものではなくなり、むしろ、武器にすることもできるはずです。

企業は転職理由がしっかりしている場合、転職理由を高く評価して選考に進めるということもあります。

転職エージェントが求職者の転職活動の質を上げて、内定確度を引き上げてくれます。

どのような転職エージェントを利用すれば良いのかということになりますが、転職支援実績が豊富で、多くの企業との取引があり豊富なデータベースがある転職エージェントが良いです。

そう考えると、大手の転職エージェントになるのですが、大手の転職エージェントと言っても選択肢は数社あります。

転職理由のコンサルティングに定評がある転職エージェントは、リクルートエージェントです

リクルートエージェントは、優秀なキャリアアドバイザーが揃っていますし、一人ひとりのキャリアアドバイザーがかなり多くの求職者の転職支援の実績があります。

また、社内においてすべての情報をデータベース化しているため、別のキャリアアドバイザーの転職支援情報も取り入れることができます。

第二新卒は絶対にリクルートエージェント

前向きではない転職理由を本音と建て前の両方に持ち転職活動をしている求職者がいますが、その半数ぐらいは第二新卒の求職者です。

第二新卒とは今さら言うまでもないのですが、新卒で入社した企業を3年以内に退職する人のことを言います。

第二新卒の典型的な特徴として、会社批判や自分のわがままで転職しようとすることです。

若さゆえに馬鹿正直になってしまい、どのような理由であってもそのまま企業の選考に使ってしまい、結果的に見送りになるということが多いです。

また、我慢ができないため、わがままになり、その要素が転職先では通じると楽観的に考えてしまい、客観的には大した理由ではないなかで転職活動をしてしまいます。

第二新卒の求職者のあるあるとも言えることですが、転職理由があまりに浅はか過ぎて、企業の選考で選考ではなく説教を受け、かつ、その選考は見送りになるという求職者がいます。

また、先ほど転職が癖となり習慣になるということを伝えたのですが、第二新卒の求職者にはそのリスクが多いです。

若いうちに転職をしてしまうと、我慢以上に転職で解決しようと思考に染み付き、30代以降もそのままのスタンスになってしまいます。

第二新卒の求職者はリクルートエージェントを絶対に使ってください。

自分の転職理由が転職市場では転職に相応なことかどうか、または、企業の選考で通じる理由であるかどうかを判断する支援をしてくれます。

転職理由は2つがあり、この2つともそれぞれに前向きでなければ、将来の自分にそっくりそのまま跳ね返ってきます。

転職は決して怖いものではないですが、あまりに容易に考えるととんでもないことになりますから、転職活動を始めるときは必ず転職エージェントを利用して客観的な意見をもらうようにしてください。

転職は手段でありゴールではありません。

良いビジネス人生にするために転職は便利ですが、あまりに転職をレギュラー化させることはリスクが大きいので、大胆ななかでも慎重さを忘れずに。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク