真実はこれだ!40代で職歴なしは転職できるかどうか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職市場には多くの求職者が転職活動をしていますが、同じ職歴を持っている求職者は絶対にいません。

同じ職種であっても、同じ職位であっても、企業により仕事の内容や深さは千差万別です。

このように多くの求職者が存在するなかで、転職市場には、年齢により転職しやすい、しにくい求職者がいます。

特に40歳転職限界説という言葉があるように40歳を境界線として、それまでの年齢であれば、比較的、転職しやすい状況になりますが、40歳以降は、一気に転職しにくい状況になります。

ただし、限界説となっていますが、40歳以降で応募できる求人の数が減るというだけのことであり、転職できないということではありません。

限界説と聞くと、『40歳までに転職しないと転職できない』という誤解を持っている求職者もいますが、その認識は今回を機に変えてください。

今回は40歳で、しかも、職歴がない求職者が、転職できるかどうかについてご紹介しますが、40歳という年齢を境に転職しにくくなる理由は、採用活動を行う企業が理由です。

分かりやすい例で言うとプロ野球の世界をイメージしてください。

どれだけ、それまで一軍で活躍している選手でも年齢が上がると出場機会が減り、最終的には年齢を理由に解雇になることもあります。

求職者が転職を目指す民間企業にもこの動きはあり、同じ能力があるのであれば、年齢が上の人よりも若い人を雇用しようとします。

中途採用で求職者を採用しようとする企業は、もちろん即戦力として活躍を期待できる求職者を採用しますが、即戦力と言っても、数年で退職されては困ります。

できることならば、即戦力として10年、20年以上と一線で活躍して欲しいと考えています。

この観点で考えると、20代の即戦力人材と40歳以降の即戦力人材では、定年60歳と考えると在籍できる期間が法的に決まっていて、20代の方がより長く在籍することができます。

このように企業は長期的な就業も考え、同じ能力があるのであれば、なるべく年齢が若い求職者を採用しようとして、その境界線が40歳ということです。

40歳で職歴がない求職者

数多くの求職者が転職市場で転職活動をしている訳ですが、40歳という年齢でそれまで一切仕事をしたことがないという求職者はあまりいません。

アルバイトやパートなど非正規雇用を繰り返して40歳になったという求職者はいますが、それまで全く仕事をした経験がないという求職者は皆無に近い存在です。

現実には40代で職歴がないという求職者もなかにはいて、どのような転職活動をすれば良いのか、または、そもそもとして転職できるのかどうかということが気になるはずです。

40代で職歴がない求職者は、転職サイトなどの自己応募での転職活動は恐らく転職することは難しいでしょう。

転職サイトには、未経験で、しかも年齢不問というだれでも応募できるように見える求人がたくさんありますが、残念ながら実際は異なります。

法令により、転職サイトの求人は年齢を理由に応募できないような表現を使ってはいけないという決まりがあり、年齢不問にしているだけですし、他の理由も単純に応募数を増やしたいという理由だけです。

確かにその求人には何ら制限なく応募することはできるのですが、選考結果はと言いますと、120%見送りになるでしょう。

見送りになるプロセスも、一生懸命に書いた職務経歴書などの具体的な内容は見てもらえず、40代という年齢だけで見送りボックスに入ります。

40代というだけでも転職しにくい状況のなかで、職歴なしという更なるデメリットはかなり転職活動には苦戦すると考えておいた方が良いです。

その状況のなかでも、40代職歴なしの求職者を転職支援してくれる存在があり、その存在が、窮地の局面を打開してくれる可能性があります。

職歴がない40代が転職できる可能性をアップさせるには、転職エージェントを使うのが近道です。

40代職歴なしの求職者は、まず、転職エージェントに登録してください。

これは例外なく絶対で転職するための必須要件です。

転職サイトには確かに求人はたくさんありますが、転職サイトを使って転職できる可能性はゼロと言っても良いぐらいのことですから、転職エージェントを使うことが必要です。

転職エージェントと言っても、今の時代は規模の違う転職エージェントが1000社以上、日本全国に存在します。

転職支援の質を求めるのであれば小規模の転職エージェントがオススメなのですが、40歳職歴なしの求職者は、質よりも求人の確保が大事です。

求人がある程度あった上で、更に質を求めるということが転職活動の普通の動き方になりますから、40歳職歴なしの求職者は、贅沢は求めず、まずは、何より求人開拓を優先してください。

リクルートエージェントを中心に

求人の数を担保するためには、大手の転職エージェントがオススメで、そのなかでも日本で最も多くの求人を扱い、かつ、日本で最も多い転職支援実績を持つ転職エージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントを利用することで他の転職エージェントを利用するよりも転職確度は上がります。

上がると言っても飛躍的に上がることはないのですが、可能性はあります。

リクルートエージェント以外の大手の転職エージェントでは、転職することが難しい経歴を持つ求職者に対しては冷遇し、登録しても今のところ求人の紹介ができないなどということで実質的に登録を拒否することも多いです。

リクルートエージェントであれば、どのような求職者であっても、転職支援できる自信があるため、登録を拒否するということはありません。

実際に登録すると、まずは登録面談ということでリクルートエージェントに訪問してこれまでの状況を伝え、希望条件などを伝え、それに見合う求人をキャリアアドバイザーから紹介される・・・と言いたいところですが。

登録面談ではさすがのリクルートエージェントでも求人をすぐに紹介できるという可能性は低いです。

理由は、40代ということと職歴がないということです。

特に職歴がないという経歴は、未経験者という扱いになりますから、未経験者の主戦場は、第二新卒枠が中心の20代になります。

40代の求職者が20代の求職者と未経験者求人を争うことになれば、その結果は言うまでもなく20代の求職者を企業は優先します。

リクルートエージェントは、自社のこれまでの転職支援実績からなるノウハウと企業とのネットワークを駆使して、自社にある求人データベースから40歳職歴なしの求職者でもおうぼできる、または、内定を貰えそうな求人を探してくれます

数は3カ月に1つか2つぐらいになりますが、求人の紹介はあります。

どのような求人になるかと言えば、営業職です。

リクルートエージェントが求人を紹介する過程と業界

未経験者扱いになる40歳職歴なしの求職者にリクルートエージェントがなぜ求人を紹介することができるのかという点について詳細をお伝えします。

理由は、リクルートエージェントが求人企業と交渉し、40歳職歴なしでも応募できるようにしているのです。

その求人は、経験者優遇で本来は、未経験者は応募不可になるのですが、リクルートエージェントがそれまで何度も採用支援しているため、リクルートエージェントの信用で応募することができるということです。

職種は営業職になり、業界はどの業界かと言いますと、不動産業界と金融業界になります。

この2つの業界は言いにくいのですが、離職率が高い業界と言われていて、ハードワークが必須です。

多くの求職者は、この2つの業界には積極的に転職しようとはしないのですが、40歳職歴なしの求職者は贅沢を言ってはいけません。

まずは、正社員としてキャリアを作ることが大事になりますから、どの業界であっても正社員として採用してくれるのであれば、応募してください。

その際、注意点は、職歴なしになりますから、ある意味では新卒採用の対象になる就活生と同じポテンシャル採用になりますから人柄重視になります。

人柄重視ですから、面接で横柄な態度を取ると、その段階で一発不合格です。

常に低姿勢で、謙虚に教えてもらうというぐらいの気持ちが大事です。

転職市場では未経験者になりますが、人生においては40年以上の経験がありますので、人としてのプライドが邪魔することがあります。

プライドを持つことは悪いことではないのですが、プライドをどこに置くかが大事です。

面接官に何かを言われて傲慢な態度を取るということもプライドの一つです。

そのようなところにプライドを持っても職歴がない状況から内定を勝ち取ることは難しいです。

プライドは、何が何でも内定を取るというところに置いてください。

転職条件は企業の言い値で!

職歴なしですから、選考を行う企業からすると前職を考慮することはできませんし、経験がない訳ですから、40代に相応の給料などの条件を提示する訳もありません。

転職市場には、年齢基本給という考え方もあり、求職者の年齢を基本給にするという企業もあります。

40代職歴なしで、40万円の基本給が提示される訳もありませんので期待はしてはいけません。

もし、希望条件があるかと聞かれても、御社規程でお願いしますだけで良いです。

下手に贅沢を言うと、内定間近であっても見送りになるリスクがあります。

40歳職歴なしの求職者の転職時の条件は、その企業が支払う新卒者と同条件だと考えてください。

選考から内定が出るまでのこの間もリクルートエージェントは企業と交渉を行い内定が出るような後押しをしています。

今の転職だけではなく次の転職を視野に入れる

採用してもらう企業には申し訳ない気もしますが、40代職歴なしで採用をしてくれた企業には一生涯働く必要はありません。

最初の転職ではまずは正社員としての職歴を作るということが一番の目的になりますので、離職率が高い不動産業界や金融業界でも転職すべきであり、どのようなしんどいことがあっても一定期間は退職してはいけません。

一定期間とはズバリ、3年です。

3年、その企業に在籍していれば、正社員として転職市場で評価される職歴を作ることができます。

40代前半であれば、3年経過してもまだ45歳になっているかどうかという年齢になりますから、そのときの職歴なしの状況よりもかなり良い状況で転職活動を展開することができます。

40代職歴なしという立場は、40代という年齢よりも職歴がないということの方が大きいのです。

職歴さえ作れば、40歳限界説はあっても転職できないということではないので、チャンスを作ることができますし、企業の言い値で転職するような最弱者の立場を貫く必要もありません。

40代職歴なしの、そのときの転職はあくまで次の転職のための職歴構築でありプロセスです。

その次の転職を視野に入れて、最低でも3年以上は在籍し成果を出して職務経歴書に実績を記載できるぐらい働いてください。

次の転職を想定して、在籍期間中に国家レベルの資格を勉強し習得することが望ましいです。

3年以上の営業実績と国家資格により専門性があるとすれば、次の転職では幅を広げることも可能です。

どのような業界であっても、営業職から次のステップとしては人事職になります。

ただ、40代職歴なしの求職者が3年の営業実績だけで人事として転職できるかと言えば、それは不可能です。

この不可能な状況を打開するものが国家資格です。

具体的には社会保険労務士がオススメなのですが、この資格があれば、人事として転職することも十分可能です。

40代職歴なしでも転職はできる!

40代限界説という転職市場の定説に加えて、職歴なしという経歴が加味されて、40代職歴なしの求職者は、転職活動ではかなり苦戦すると言えます。

そのなかでもリクルートエージェントを使うことで、転職への道は拓け、十分にチャンスはあると言えます。

条件は二の次で、まずは職歴を作るということに重点を置き、業界不問、職種不問で応募できる求人紹介があったら、とにかく応募する姿勢でいましょう。

転職活動期間は長期化すること可能性がかなり高いのですが、諦めることなく転職活動をしていればリクルートエージェントがきっと助けてくれます。

リクルートエージェントには、利用制限期間がありますが、その期間を過ぎる場合は、登録延長を問題なくできますので、気にすることはありません。

40代職歴なしは転職できないという情報もありますが、苦戦は確実ですが、転職することは十分可能です。

次の転職も視野に入れて転職活動をして、転職した企業で実績を残しつつ国家資格を取りましょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment

スポンサードリンク

スポンサードリンク