40代未経験でも転職はできる!職歴なしの人がするべき転職活動

40代で未経験(職歴なし)の業界に転職するのは、かなり難しいと思って良いでしょう。

40代では転職限界説という言葉があるように、40歳を境界線として転職成功率がグッと下がります。

20代や30代であれば比較的転職しやすい状況になりますが、40代は一気に転職しにくい状況になります。

ただし、限界説となっていますが、40代で応募できる求人の数が減るというだけのことであり、転職できないということではありません。

まあそれでも職歴なしの未経験40代への門戸はかなり狭いのは否定できません。

限界説と聞くと、『40歳までに転職しないと転職できない』という誤解を持っている求職者もいますが、その認識は今回を機に変えてください。

40代未経験の転職が厳しい理由

今回は40代で、しかも、未経験(職歴がない)求職者が、転職できるかどうかについてご紹介します。

40歳という年齢を境に転職しにくくなる理由は、採用活動を行う企業の目論見が大きく関わっています。

理解しやすい例で言うとプロ野球の世界をイメージしてください。

どれだけ、それまで一軍で活躍している選手でも年齢が上がると出場機会が減り、最終的には年齢を理由に解雇になることもあります。

求職者が転職を目指す民間企業にもこの動きはあり、同じ能力があるのであれば、年齢が上の人よりも若い人を雇用しようとします。

中途採用で求職者を採用しようとする企業は、もちろん即戦力として活躍を期待できる求職者を採用しますが、即戦力と言っても、数年で退職されては困ります。

できることならば、即戦力として10年、20年以上と一線で活躍して欲しいと考えています。

会社への貢献という観点で考えると、20代の即戦力人材と40代の即戦力人材では、在籍期間がより長くなる若い年代の方が有利になります。

このように企業は長期的な就業も考え、同じ能力があるのであれば、なるべく年齢が若い求職者を採用しようとして、その境界線が40代ということになるのです。

40代未経験の転職失敗例

40代で転職活動をする場合、良くある失敗例を学んでください。

実は40代未経験が転職で失敗する理由は、求人の探し方が間違っているからです。

  • 40代ハローワークからの転職は離職率が高い
  • 40代職歴なしは転職サイトだけで転職活動をしてはいけない

40代未経験が転職で失敗するのは、自分一人で転職先を探してしまうからです。

特に上記の2つで転職をすると、すぐに辞めてしまう可能性が高いです。

40代ハローワークからの転職は離職率が高い

ハローワークは地域に密着していて使いやすいのですが、求人の質は必ずしも良いとは言えません。

無料で掲載できるため、あまり売上が良くない、いわゆるブラック企業も数多く掲載しています。

特に安く人材を集めたい企業は、40代職歴なしの未経験でも積極的に採用することがあります。

そうした求人は離職率が高いので失敗してしまう可能性が高いです。

40代職歴なしは転職サイトだけで転職活動をしてはいけない

転職サイトは求人数が多く、自分にピッタリの求人を探せる便利な情報源です。

ですが基本的に転職サイトで応募している企業は、若い年代を好む傾向にあります。

40代職歴なしの場合、キャリアにマッチした求人を探すのは困難です。

転職サイトを使うなとは言いませんが、どんな求人があるのかの参考にするのがおすすめです。

40代で職歴がない人がすべき転職活動

数多くの求職者が転職市場で転職活動をしている訳ですが、40代という年齢でそれまで一切仕事をしたことがないという求職者はあまりいません。

アルバイトやパートなど非正規雇用を繰り返して40代になったという求職者はいますが、それまで全く仕事をした経験がないという求職者は皆無に近い存在です。

ですが現実には40代で職歴がないという求職者もなかにはいて、どのような転職活動をすれば良いのか、または、そもそもとして転職できるのかどうかということが気になるはずです。

40代で職歴がない求職者は、転職サイトなどの自己応募での転職活動は恐らく転職することは難しいでしょう。

転職サイトには、未経験で、しかも年齢不問というだれでも応募できるように見える求人がたくさんありますが、残念ながら実際は異なります。

法令により、転職サイトの求人は年齢を理由に応募できないような表現を使ってはいけないという決まりがあり、年齢不問にしているだけですし、他の理由も単純に応募数を増やしたいという理由だけです。

確かにその求人には何ら制限なく応募することはできるのですが、選考結果はと言いますと、120%見送りになるでしょう。

見送りになるプロセスも、一生懸命に書いた職務経歴書などの具体的な内容は見てもらえず、40代職歴なしという事実だけで見送りボックスに入ります。

40代というだけでも転職しにくい状況のなかで、職歴なしという更なるデメリットはかなり転職活動には苦戦すると考えておいた方が良いです。

その状況のなかでも、40代職歴なしの求職者を転職支援してくれる存在があり、その存在が、窮地の局面を打開してくれる可能性があります。

職歴がない40代が転職できる可能性をアップさせるには、転職エージェントを使うのが一番の近道です。

これは例外なく、40代が転職するための必須要件です。

ただし転職エージェントと言っても、今の時代は規模の違う転職エージェントが1000社以上、日本全国に存在します。

転職支援の質を求めるのであれば小規模の転職エージェントがオススメなのですが、40代職歴なしの求職者は、質よりも求人の確保が大事です。

求人がある程度あった上で、更に質を求めるということが転職活動の普通の動き方になりますから、40代職歴なしの求職者は、贅沢は求めず、まずは、何より求人開拓を優先してください。

転職エージェントが40代未経験におすすめの理由

未経験者扱いになる40代職歴なしの求職者に、転職エージェントがなぜおすすめなのかという点について詳細をお伝えします。

理由は、転職エージェントは求人企業と交渉し、40代職歴なしでも応募できる力を持っているからです。

一例ですが、経験者優遇で本来は未経験者は応募不可になる求人でも、転職エージェントがその企業に何度も採用支援した信用で応募することができるのです。

特に強い職種は営業職で、多少ハードワークになりますが40代未経験でも積極的に交渉してもらうことができます。

40代の未経験は、正社員としてキャリアを作ることが大事になりますから、なるべくえり好みをせず応募してください。

40代未経験の注意点は、職歴なしになりますから未経験と条件は変わりません。

面接は人柄重視になるので、丁寧な対応で接するようにしましょう。常に低姿勢で、謙虚に教えてもらうというぐらいの気持ちが大事です。

面接官によってはあなたを試す態度を取ることもありますが、社会に出るとそういった状況も多くなるので平静を保つようにしましょう。

40代未経験の給与は基本的に安い

40代で職歴なしになるため、選考を行う企業からすると前職を考慮することはできませんし、経験がない訳ですから、40代に相応の給料などの条件を提示してもらうことも期待できません。

転職市場には、年齢基本給という考え方もあり、求職者の年齢を基本給にするという企業もあります。

ですが40代職歴なしで、40万円の基本給が提示される訳もありませんので期待はしてはいけません。

もし、希望条件があるかと聞かれても、御社規程でお願いしますと回答したほうが合格率は高く成ります。

下手に贅沢を言うと、内定間近であっても見送りになるリスクがあります。

40代職歴なしの求職者の転職時の条件は、その企業が支払う新卒者と同条件だと考えてください。

厳しい現実ですが、職歴なし40代で好条件を提示してもらえるケースは少ないです。

40代職歴なしは次の転職も視野に入れること

採用してもらう企業には申し訳ない気もしますが、40代職歴なしで採用をしてくれた企業に一生涯働く必要はありません。

40代未経験の最初の転職では、まずは正社員としての職歴を作るということが一番の目的になります。

社会経験を作れば、将来的により良い条件の企業を選ぶことができるからです。

例えば、営業職で実績があれば、40代で社会人経験が少なくても好待遇で採用されることもあります。

もちろん気に入った企業であれば続けるのが一番ですが、最低でも3年は勤務してください。

3年、その企業に在籍していれば、正社員として転職市場で評価される職歴を作ることができます。

40代職歴なしという立場は、40代という年齢よりも職歴がないということの方が大きいのです。

職歴さえ作れば、40歳限界説はあっても転職できないということではないので、チャンスを作ることができます。

40代職歴なしの、そのときの転職はあくまで次の転職のための職歴構築でありプロセスです。

その次の転職を視野に入れて、最低でも3年以上は在籍し成果を出して職務経歴書に実績を記載できるぐらい働いてください。

40代職歴なしにおすすめの資格

40代職歴なし未経験者の場合、資格があるからと言ってすぐ転職できるわけではありません。

40代におすすめの資格でいくつか解説しましたが、全くの未経験だと資格が有利になることはありません。

ただしマンション管理士や電気工事士など、ハローワークなどで推奨している資格は人気が高いです。(人気の高さと就職できるかは別なので注意してください)

参考:40代の転職におすすめの資格

それよりも40代未経験は一度仕事に就いて、次の転職を想定して、在籍期間中に国家レベルの資格を勉強し習得することが望ましいです。

3年以上の営業実績と国家資格により専門性があるとすれば、次の転職では幅を広げることも可能だからです。

どのような業界であっても、営業職から次のステップとしては人事職になります。

ただ、40代職歴なしの求職者が3年の営業実績だけで人事として転職できるかと言えば、それは不可能です。

この不可能な状況を打開するものが国家資格です。

具体的には社会保険労務士がオススメなのです。

社労士の資格があれば、人事として転職することも十分可能です。

社労士の勉強法も解説しているので、興味があれば読んでください。

40代職歴なしでも転職はできる

40代限界説という転職市場の定説に加えて職歴なしの40代は、転職活動ではかなり苦戦すると説明しました。

ですが転職エージェントを使うことで、転職への道は拓け、十分にチャンスはあると言えます。

まずは職歴を作るということに重点を置き、業界不問、職種不問で応募できる求人紹介があったら、とにかく応募する姿勢でいましょう。

転職エージェントは未経験の求職者でも丁寧にサポートしてくれるので、40代職歴なしでも安心して転職活動を行ってください。

40代職歴なしは転職できないという情報もありますが、転職することは十分可能です。

諦めずに転職エージェントと努力すれば、未来を切り拓くことができます。

[40tenshoku]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク