志望動機で転職に失敗!?企業が見ているポイントと成功例を紹介します

転職市場は、求職者のそれまでの企業での経験や実績、スキルを企業がどう評価するかにより、合格と不合格が決まります。

転職市場は、求職者も面接などを通して企業を見極める立場にあるので、企業と求職者は対等の立場・・・というのは、建前上の話であり、実態は、企業が上、求職者が下という関係です。

求職者のなかには、必要以上に『面接で企業に自分が見られている』という強い意識が働き必要以上に緊張し自分の言いたいことも言えず、選考見送りになるというケースもあるのですが、実は、企業が面接も含めて経験など以上に大事にしていることがあります。

それは、何かと言いますと人物面含めた必然性です。

必然性とは、転職活動においては、『求職者がその企業に応募した、または、入社したい理由に、必然的な理由がある』ということです。

今の転職市場は、求職者にとっては、最高の売り手市場になっていて、非常に多くの求人があるので、転職活動はしやすいのですが、必然性がない場合ですと、この最高の環境を味方にすることができず、選考見送りという結果が連発するはずです。

求職者の必然性を企業はどこで判断するかと言いますと、志望動機です。

志望動機とは、企業に転職するための選考では絶対に面接官から聞かれる質問ですので、どの求職者でも志望動機を面接前などに考えて用意していることでしょう。

その志望動機に必然性がなく、ある意味、同業界であれば、どの企業でも通じるような志望動機では、面接において、面接官からするとツッコミどころ満載になるのです。

それどころか、選考見送りになる可能性が一気に上がり、どれだけ豊富な経験などを持っていても内定はあり得ないと思ってください。

スポンサードリンク

志望動機は転職で差別化できる要素

これだけの売り手市場であるため、志望動機に必然性がなくても内定をもらえるだろうという甘い考えは捨てましょう。

求人がたくさんあることは間違いないのですが、求職者である自分が今、転職活動をしていることと同じく、他の数多くの求職者も自分と同じように転職を希望して転職活動をしているのです。

企業かすると、選考は絶対評価ではありません。

求職者が、同時に複数の企業の求人に応募することと同じように、企業も1つの求人に対して、同時に複数の求職者の募集、選考を行います。

自分以外の求職者がどのような求職者であるか求職者は知らないはずです。

基本的に、自分よりも優れた求職者であるという認識を持って企業の選考を1つ1つ大事にしていかなければ、痛い目を見るのは自分です。

ただし、経験などのソフトの部分は、同じ求人であれば、基本的には同じレベル感の求職者が応募しますので、経験などについても、それほど大差はありません。

ですので、相対評価を受けるなかで、他の求職者との差別化を図るだけの圧倒的な差を持てるという可能性は低いです。

では、企業はどこで差別化を図り、また、求職者はどこで他の求職者との差別化を図れば良いのかということですが、必然性が備わった志望動機です。

必然性は先ほどの通りですが、企業には他の企業にはない絶対的な企業文化や社風があります。

同じ業界であれば、比較的、似たような業種、ビジネスモデルであるため、求職者が考える志望動機には差別化を生むだけの効果はありません。

また、職種軸で志望動機に必然性を持たせようとしても、詳細は違っても基本的な職種の業務内容は変わりませんので、ここでも差別化を図ることは難しいでしょう。

求職者は、企業に応募するかどうかを求人上で判断しますが、求人にはその職種の深い部分までの内容は記載されていませんので、基本的には別の企業であっても同じ職種であれば、そこから拾える業務内容は大した差はないのです。

少しでも早く、自分の思い通りの転職活動を終了させたいのであれば、今以上に志望動機にこだわり、必然性を必須に考えてみてください。

必然性のある志望動機の作り方

業界や職種では、志望動機の上では、その企業でしか通じない志望動機は作ることはできません。

もし、必然性がない志望動機を面接で面接官に言ったとすれば、面接官によっては、表面上は、頷き納得しているように見えるなかで、心のなかでは、『簡単に志望動機を考えてきたなぁ』ということで、その段階で見送りにすることを決意することもあります。

先程、『ツッコミどころ満載』という表現をしましたが、面接内で志望動機に対して指摘してくれる面接官はまだ優しいです。

面接官の仕事は、自社の経営に貢献してくれるような人材探しになりますから、求職者の志望動機に対して指摘やアドバイスするようなことは普通ありません。

必然性のある志望動機の作り方として、企業が持つ企業理念、行動指針がポイントです。

というよりも、この2つを志望動機に入れることで、120%、必然性が生まれ、他の求職者との差別化を図ることもできます。

例えばとして、下記の通り、例を出してみます。

■A君とB君は、他人ですが、同じ企業の求人に応募しどちらも面接まで進んだとします。また、両者は同じ経験などを持っている求職者です。

《A君の志望動機》
・御社のビジネスに興味を持ち、このビジネスで自分も仕事がしたいと思ったため

《B君の志望動機》
・御社の〇〇という企業理念を拝見し、この企業理念は私の日々思うことと合致し、どのようなビジネスであってもこの理念に共感することができれば、対応できると考えたため。

今、この記事を読んでいる求職者が面接官だとして、A君とB君のどちらの志望動機が自分の心や記憶に残り、より採用したいと思うでしょうか。

A君の志望動機も悪くはないのです。

ただし、A君の志望動機は、その業界を志望するのであれば、必然性があり、業界がもし採用するのであれば、十分、採用に値する志望動機で、転職することもできるでしょう。

しかし、A君は求職者ですから、業界のなかにある企業に転職をしたい訳ですから、そう考えると、この志望動機は、あまりに通じる範囲が広すぎて、企業単位で考えると、どの企業でも業界が同じなら通じるということになり評価はされません。

一方、B君はどうでしょうか。

ビジネスではなく、まずは、企業が持つ企業理念に対して興味を持っているということを主張しているため、業界関係なく、その企業にしかないたった1つのことを志望動機にしています。

志望動機は、B君の勝ちで、より価値ある志望動機はB君のものです。

前提条件は、A君、B君ともに同じ経験などを持っている求職者ですから、企業の面接官が高く評価する求職者はB君です。

少し極端な例でしたが、これに似た選考は普通にあることです。

企業は選考で迷った場合、採用会議というものを開きます。

選考に関わった面接官が全員集まり、迷った求職者の選考会議を行います。

このような選考会議の場合、経験などのソフトの部分は大体が同じであるため迷っているのであり、どこで差がつくかと言いますと、求職者がそこまで深く考えていない志望動機である場合が多いです。

せっかく良いところまで行っても企業が迷った結果、志望動機の必然性のあるないが理由で見送りになっては、勿体ないでしょう。

志望動機ひとつで結果が大きく変わるのです。

必然性ある志望動機がそこまで評価される理由

どの企業も今は中途採用ができるぐらい企業規模が大きくなっていますが、どの企業も創業間もないころは、まだ企業として未熟で、非常に苦しい時代を経験しています。

その苦しい時代に、創業者が考えた企業の性格や方向性が企業理念や行動指針です。

すべての企業の創業者に言えることですが、創業間もない時代の苦しい時代は、特に思い出深く、そのときに作った企業理念にはかなりの思い入れがあります。

その思い入れある企業理念に求職者がどれぐらいコミットし、共感してくれるかは、自分自身の思いに共感することと同じことであると考えています。

求職者も自分自身に思い入れがあることに他人が共感してくれたり、関心を持ってくれると嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

企業にとって企業理念や行動指針とはそのような存在なのです。

今の時代、企業の多くはホームページで企業理念や行動指針を万人が閲覧できる状態にしています。

意識すれば求職者だったらだれでも確認できる企業理念や行動指針ではなく、業界や事業に対しての志望動機を語ってみてください。

求職者が面接官だったらどんな気持ちになりますか?

志望動機を通じて熱意ややる気を伝えることができる

求職者は、企業の選考を受けるということは、少なからず興味があってのことでしょう。

そのため、どのような求職者であっても、企業の面接などの選考では、内定を勝ち取るために、企業に対しての熱意ややる気を伝えるでしょう。

残念ながら、その熱意ややる気はは、中途採用である求職者は意味がありません。

企業からしても、熱意ややる気を面接内では信用していません。

新卒採用ならば、就活生の面接内での熱意ややる気を買うこともあるでしょうが、求職者が転職活動をしている転職市場は、経験を企業が買うという土俵です。

そのなかで、面接でいくら熱意ややる気を伝えられても、面接官からすると、『面接だから言っているだけ』とどこか冷めた反応を取ります。

面接官も、求職者が内定が欲しいために、面接で熱意ややる気を伝えるということは知っていますから、ストレートに面接内で表現されても心に響くということはないのです。

しかし、選考において熱意とやる気は大事ですし、企業も熱意とやる気は重要だと考えています。

では、企業は求職者の熱意ややる気をどこで測っているいるかと言いますと、志望動機です。

面接内でわざわざ熱意ややる気を押し出さなくても、必然性ある志望動機ひとつで十分、伝わります。

恋愛と選考は似ている

求職者にだれか好きな人がいて、まだ片思いだったとしましょう。

求職者は、好きな相手に告白をして、相手の人から下記のような質問を受けました。

・名前
・年齢
・住んでいる場所

全く、面識がない人にいきなり告白するシーンはあまり想定できませんし、告白するということは、それまで面識があり何度か遊んだりしていることが多いでしょう。

しかし、その求職者は、告白した相手の名前、年齢など基本的な情報を全く知りません。

告白した相手の基本情報すら知らないなかで、相手は、求職者が自分を本当に好きかどうかを疑うでしょう。

いわゆる、熱意が感じないということです。

恋愛と選考は似た存在だと言われます。

企業が自社の企業理念や行動指針など基本的な情報をホームページで開示しているにも関わらず、求職者はその企業の企業理念や行動指針について志望動機に含めることはもちろん、知らないとなれば、面接官はどう思うでしょう。

口では熱意があるやる気があると言っていても、企業の基本情報すら知らないのであれば、熱意ややる気は感じないのではないでしょうか。

熱意ややる気を伝えるのであれば、面接内で自ら伝えるのではなく、志望動機を通して必然性が備わる企業理念や行動指針で伝えてみましょう。

そうすれば、変な意味での嫌らしさもなく、純粋に面接官に思いが伝わるはずです。

志望動機は必然性を生む説得力のあることだけではなく、求職者の熱意ややる気を代弁することにも繋がるのです。

転職エージェントから志望動機のアドバイスを受ける

現在の企業の採用活動の中心は転職エージェントを利用して採用支援を受けながら活動する方法です。

企業が転職エージェントを利用する機会が多いということは、それだけ転職エージェントには求人が豊富にあるということです。

それならば、求職者としては転職するためには、求人が多い方が良い訳ですから、転職エージェントを使って転職活動をした方が絶対的に有利です。

転職エージェントを利用する目的は求人紹介であることは間違いないのですが、今回ご紹介している志望動機と転職がどのような関係性を持つのか具体的なエピソードや具体例を交えてアドバイスしてもらえます。

志望動機は、意外と転職活動には重要な要素であり、転職エージェントを利用することで、志望動機の重要性とどのような志望動機にすれば良いのか企業単位で知ることができます。

特にリクルートエージェントなどの大手の転職エージェントはこのあたりについては強みを持っていますので、極力、メインで利用しながら転職活動をすると良い転職活動を実践できるはずです。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment