タクシー運転手は転職市場で人気がある?間違った情報を鵜呑みにすると転職に失敗します

転職市場は、たくさんの求人があり、その求人の種類は業界や職種により細分化されています。

求職者が転職活動で転職テーマを設定する場合、テーマ設定の中心的な材料は業界や職種です。

この2つを中心にしながら、自分の希望条件を決め、具体的な転職活動をスタートさせます。

つまり、業界や職種は、求職者にとって重要な内容であるということです。

多くの業界や職種があるなかで、人気、不人気の分類があり、今回は、そこまで人気はなくても、これまでよりは注目を浴びているタクシー業界のタクシー運転手についてご紹介します。

今後は、タクシー運転手という統一表現でお伝えしていきます。

タクシー運転手から違う職種に転職したい人、違う職種からタクシー運転手に転職したい人、このどちらも同じ転職になりますから、大きく2つの構成とします。

スポンサードリンク

タクシー運転手から違う職種に転職したい場合

タクシー運転手から違う職種に転職したい場合についてお話します。

タクシー運転手はブルーカラーで、転職市場の中心はホワイトカラーです。

あまり聞きなれない言葉ですが、これを機に覚えておいてください。

ブルーカラーとは、簡単に言いますと、スーツを着ない職種のことを言い、タクシー運転手の他に土木作業員や研究開発職もブルーカラーの一つになります。

ホワイトカラーは、スーツを着る仕事ですので、スーツを着る職種であれば、すべての職種がホワイトカラーに該当します。

職種例としては、営業、企画、事務などで、転職市場にある求人の多くはホワイトカラーの職種になり、中心がホワイトカラーであるため、求人の数がブルーカラーに比べると圧倒的に多いです。

同じホワイトカラーでも職種が違えば未経験という枠に入り、応募できる求人の数に制限がありますが、ブルーカラーであるタクシー運転手からホワイトカラーの職種に転職するとなれば、それ相応の難易度が待っています

タクシー運転手という職種は、働き方が特殊で、労働基準法でも認められているように特例的な職種になります。

今の時代は、どのような企業でもPCを活用し、インターネット技術が必要不可欠になっていますが、タクシー運転手は日ごろの業務でPC操作はもちろんのこと、インターネット環境で仕事をするということはほとんどありません。

転職市場では、タクシー運転手を接客職とも呼びますが、その他の接客職とは異なる毛色を持ちます。

転職活動は一人でやらない

タクシー運転手が転職活動を始めるときに、利用しようとする確率が最も高い転職方法はハローワークです。

ハローワークとタクシー運転手はかなり親和性のある関係で、タクシー運転手になったときハローワークから求人を見つけたという人が非常に多いのです。

それぐらい、ハローワークにはタクシー運転手の求人が豊富にあり、タクシー運転手とハローワークは繋がりが強くなっています。

しかし、ハローワークとは、無料ではあるものの、国が運営する公共の職業安定所になりますので、求人紹介はあっても、それ以外のことはすべて自分一人で行うということで、生産性が低い転職方法の一つです

タクシー運転手はそれまで他の業界や職種に対して経験がないということばかりではなく、その他の業界や職種の情報が少なく、どのような業界や職種があるのか不明ということで、知識や情報が浅いなかで、転職活動をする傾向があります。

ハローワークでは、この点について課題解決してくれるかと言えば、ゼロではないですが、十分な情報力を持っていませんので解決できるということは可能性として低いです。

しかも、タクシー運転手は、転職市場の動向やどのような転職活動をすれば良いのかすら把握していない人が多く、そのため、転職=ハローワークということで、まずはハローワークを利用するのです。

タクシー運転手が他の職種に転職する場合、絶対に一人で転職活動をする環境を作ってはいけません。

理由は、先程ご紹介した通りですが、狭い範囲での転職活動になり、転職活動が狭い範囲で終わると転職に同じようなリスクを持ちます。

転職活動の鉄則は、幅広く深いなかで行うことで、より多くの情報を深い部分まで知ったなかで転職活動をしなければ、活動自体の幅が狭くなってしまいます。

幅広い転職活動をしていれば、違う業界や職種を知り、今とは違う転職結果になっていたということもあります。

一人で転職活動をして失敗しないためには、転職エージェントを利用することが重要です。

転職エージェントはハローワークと同じく無料で転職支援をしてくれる存在になりますが、転職支援の範囲や深さがハローワークとは全く違います。

今の時代の転職活動は転職エージェントを利用しなれば成功しないと言われるぐらい多くの求職者が転職エージェントを積極的に利用しています。

スポンサードリンク

キャリアコンサルタントのキャリアアドバイザーを探す

転職エージェントに登録すると、必ずタクシー運転手に自分の転職支援を直接担当してくれるキャリアアドバイザーがつきます。

キャリアアドバイザーは、大ベテランから若手人材までいますが、タクシー運転手は、転職に対して情報不足であり、しかも、自分のキャリアプランについても考えていないことが多いです。

タクシー運転手の転職理由は、勤務が不規則で大変だからです。ただそれを楽しんでいる人が多いのも事実ですが。

このような転職理由を持っているため、とりえず転職できれば良いという浅い思考のもとで転職しようと考えます。

つまり、『逃げの転職』ということです。

『逃げの転職』の良くあるパターンは、今の仕事から解放されることを第一に考えて、転職先には特別、求めるものはなく、転職をきっかけの自分がどうなりたいかというキャリアプランを持っていません。

転職は人生に大きな関りを持つことですので、転職を短期で考えるとその先の人生に悪影響を与えることになります。

そこで、オススメしたい転職エージェントの使い方としては、キャリアアドバイザーには国家資格であるキャリアコンサルタントという資格を持っている人がいます。

通常のキャリアアドバイザーでも十分に転職活動に貢献してくれるのですが、タクシー運転手の場合は、通常以上の転職支援を受けた方が良いです。

キャリアコンサルタントの資格を持つキャリアアドバイザーから転職関係の相談だけではなく、転職をきっかけにしたその後のキャリアプランの設計までサポートしてもらうことにより、今回の転職活動が将来の自分を見据えたうえで、より意味のある転職にすることができます。

どのような求職者であっても、転職エージェントへの登録時はキャリアアドバイザーを選ぶことはできないのですが、登録後、転職支援を受けるなかで、キャリアアドバイザーの変更は可能ですので、変更依頼にキャリアコンサルタントの資格を持つキャリアアドバイザーをお願いしたいと伝えれば担当になってくれます

タクシー運転手でも転職エージェントを利用することで十分に転職することはできます。

期間は長期になるかもしれませんが、日本で最もキャリアコンサルタントの数が多く、求人の数も最も多いリクルートエージェントを中心にしながら複数の転職エージェントを利用して少しでも転職確度を上げる環境を整備してください。

タクシー運転手に転職する場合

タクシー運転手の労働環境は、他の職種とは違うということ、そして激務であるということは先述の通りになります。

具体的には、輪番制という変形労働時間制を導入していて、これはどのタクシー会社でも同じです。

タクシー業界では、輪番制という変形労働時間制が当たり前になっていて、むしろ、通常の1日8時間、週40時間という労働環境は絶対にありません。

輪番制をもう少し分かりやすくお話すると、シフト制に似ています。

ただ、1回のシフトサイクルは、24時間働き、2日休むというようなスタイルになります。

24時間、タクシーの運転を行い、お客様の目的地まで輸送するという仕事がすべてになります。

休憩は、1日3回が原則ですが、タクシー乗り場などでお客様を待っている時間は、待ち時間ということで、労働時間に含まれますが、実質的には休憩と同じような性格を持ちます。

ここだけ聞くと、24時間働くと言っても、休憩が頻繁に多く実質的な労働時間はそこまで長くないのではないか?というイメージがあるでしょう。

実はその通りと言える部分もあります。

タクシー運転手は、だれかに業務指示されるということはなく、その意味では専門業務型裁量労働制です

専門的なスキルや知識を持ち、上司や先輩から業務指示を受けずに自分の裁量で仕事をするということになります。

さぼろうと思えばいくらでもさぼれる

タクシー運転手は、最終的には業務粗悪ということで解雇になりますが、業務をさぼろうと思えば、ある意味いくらでもさぼることができます。

解雇にならなければ良い訳で、適度に手抜きをして適度に成果を出す働き方であれば、こんな自由な良い仕事はない・・・と言いたいところですが・・・

残念ながらタクシー運転手は歩合給です。

職種や地域により決まっている最低賃金だけが毎月の固定給になり、その固定給だけでは生活していくことは難しいぐらい低賃金です。

タクシー運転手として働くためには、いかに歩合給を稼ぐかということで、その源泉は、お客様をたくさん乗せ、賃料を受けるということです。

良く街中で日中に、タクシーを止めて寝ているタクシー運転手を見たことがあるでしょう。

タクシー運転手として大きな成果を生むためには、休憩時間を少なくし、自らお客様がたくさんいそうなエリアに動くということが重要です。

それができないタクシー運転手は、固定給に少し上乗せされた程度の月給で生活をしなければならないのです。

家族がいる場合、タクシー運転手として転職する場合は、いかに動くかということが大事で、それができない場合は、家族の生活は保障されないぐらい成果主義の厳しい環境であることを認識してください。

タクシー運転手への転職難易度

全くの未経験者であっても、タクシー運転手への転職はある条件さえクリアできれば、比較的簡単にできます。

そのある条件とは、自動車免許です。

当たり前ですが、タクシー運転手は、自動車を運転する業務です。

自動車免許には一種と二種がありますが、タクシー運転手のためには二種が必要になります。

二種免許を取得するにあたり、どれぐらいの難易度になるのかと言えば、これについても大して難しいことはなく、特別な労力を伴うことなく取得することができます。

今のタクシー業界は、人材不足になっています。

理由は人気があまりない業界であることと、離職率が高い職種であることです。

タクシー運転手を希望して転職する求職者は多いのですが、成果主義で激務に耐えることができず、長く在籍することができないためです。

どのタクシー会社でも採用活動を行っていますので、直接応募することも選択肢としては十分、成果を得ることができると言えます。

タクシー運転手への転職は、転職エージェントはだめ

タクシー運転手から違う職種で転職する場合は、転職エージェントを使うことがベストな方法ですが、タクシー運転手に転職する場合は、転職エージェントは向いていません。

求職者がいかに転職したいと意気込んでも、転職市場に求人がなければ転職は絶対に不可能です。

タクシー運転手になるために、転職エージェントを利用するという求職者は一人もいません。

そのため、転職エージェントにはタクシー運転手の求人が1つもありません。

では、どのように転職活動をするのかと言いますと、タクシー会社に直接応募するか、転職サイトを利用することです。

または、ハローワークとタクシー業界は深い繋がりがありますので、ハローワークであれば、必ず1社は求人を見つけることができるでしょう。

タクシー運転手と転職

タクシー運転手から違う職種への転職、違う職種からタクシー運転手への転職、どちらにも共通することは、タクシー運転手とは、人気があまりないということです。

人気がない職種になるため、タクシー運転手に転職するのは簡単ですし、タクシー運転手から転職する場合は、転職しにくいということです。

今回ご紹介したタクシー運転手を取り巻く環境を理解した上で、『タクシー運転手からの転職』、『タクシー運転手への転職』を考えてください。

タクシー運転手からの転職は良いのですが、タクシー運転手への転職は深い考えがなければ長続きはしないでしょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment