転職で簡単に採用される条件 キャリアコンサルが教える転職術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動は簡単に終わらせることが難しく、人生で何度も行うことのない行動です。

そのため、転職に関する情報を求職者の方はなかなか得ることは簡単ではありませんし、他の求職者の動向を知る方法も転職エージェント以外から得ることは難しいです。

だれしも、転職活動を楽しいと感じるということはあまりないでしょうし、むしろ、早く転職活動を終わりにしたいと思うでしょう。

もっと言いますと、『簡単に転職できる方法はないだろうか?』と一度は思ったことがあると思います。

そのような求職者の方のために、転職活動で簡単に採用される転職活動術をご紹介したいと思います。

最も簡単な転職活動はコネ採用

簡単に採用されるための転職活動術の筆頭は、友人紹介というコネを利用することです。

コネの採用は、求職者の方の経験や実績などの経歴を一応は企業は見ますが、基本的にはコネの相手となる自分の友人や知人のその企業での信頼が一番になります。

そのため、求職者の方はその友人や知人の信頼を武器に採用されるということになります。

簡単採用にはコネの相手が大事

コネの対象となる友人や知人がその企業でどのような立場なのか、またはその企業で働いていなくてもその友人や知人がその企業の決定権を持つ経営者とどのような関係性にあるのかが大事です。

変な話ですが、コネの対象となる友人や知人がその企業に在籍していたとしても、入社間もない新卒であれば、経営者との距離は遠く、コネとは言えないぐらいの環境になります。

そのため、コネと言っても採用されないことはもちろんのこと、書類選考で見送りになるというケースが想像できます。

コネ採用を使う重要ポイントは、いかに経営者と近い距離感にコネの対象者がいるかです。

コネの対象が経営者であれば、まず間違いなく採用されるでしょうし、経営者と近い距離感であれば採用される可能性はかなり上がります。

コネとは別名で人脈とも言いますが、ビジネスは人脈ですし転職活動もビジネスの一種です。

是非とも、日ごろから人脈づくりを怠らず転職活動にも役立てる環境を自分で整備しておきましょう。

そうすることで、他の求職者の方は自力で企業の選考を受けて転職活動を行うなかで、自分はコネ転職を実現することができ、簡単に採用されることができます。

コネの選考内容

通常は企業の選考を受けて転職します。

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーの面談を受けて求人を紹介してもらい求人を選び応募し書類選考を行い複数回の面接で内定です。

軽く一連の採用までの流れを書きましたがコネ採用の場合はどのようなプロセスになるでしょう。

コネの採用までの流れとしては、書類(レジュメ)提出、面接、内定の順になります。

しかも、通常は鬼門とも呼ばれる最も通過率が低い書類選考がないに等しく、緊張でガチガチになる求職者の方も多い面接も場合によってはコネの対象者が同席することもあるので、終始和やかに面接より面談という感じです。

そして、そのまま内定を勝ち取り採用されるというものです。

先程も言いましたが、このように簡単な選考プロセスだけで企業から採用されるためにはそのコネがいかに強力であるかどうかがポイントです。

コネの対象者がその企業からどれだけ信頼されているか経営者とどれだけ近い距離感にあるかです。

人脈づくりが大変になるのですが日ごろから人脈づくりに勤しんでいる求職者の方であれば、コネ探しにも苦労はありませんし簡単に採用されることができます。

紹介予定派遣という仕組みを使う

転職市場にはいろんな経歴を持つ求職者の方がいます。転職市場は企業が求職者の方のそれまでの経歴を確認し、年収という額で買うか買わないかを決めます。

当然、経歴がしっかりとしていて企業の評価が高ければ提示される年収はさておき採用される確度は上がります。

ただ、そのような求職者の方以外も正社員を希望して採用されるために転職活動をしているのですが、特にフリーターやアルバイト経験しかない求職者の方は相当、転職が難しいです。

そこで、少し視点を変えてみましょう。その方法が紹介予定派遣という仕組みです。

紹介予定派遣は、労働者派遣法に記載された法的に認められた転職方法です。

最初は雇用形態が希望する正社員ではないのですが、そこだけ譲歩できれば、その後はかなり簡単に正社員として採用されることができます。

紹介予定派遣という名前の通り、企業へ転職するタイミングでは派遣社員ということになりますが、派遣社員の企業との面接は、職場見学という名前に変わり派遣会社の営業マンが同席の上で企業と話します。

面接ではありません。面接ではない分、本当に簡単な会話で終わり採否が決まりますが、よほどのことがない限り簡単に採用されます

そして、派遣で上限6カ月を限度にその企業で働き、自分がその企業で正社員として働きたいと希望するのであれば、企業はその希望を無視することはできないため、必ず面談の機会を設ける必要があります。

その面談もすでに自分が実際に働いている部署の上司が担当しますので、面接というよりも雑談交じりの面談になり雰囲気も日ごろの打合せとあまり変わりません。

面接官となる自分の上司は、転職活動の面接とは異なりレジュメや求職者の方の言葉から評価して採否を決めるのではなく、実際の就業ぶりを見て判断しますので、求職者の方としては相当メリットがあります。

一般の転職市場では経歴がネックになりなかなか採用されるに値する評価を得ることができず、採用されることが難しい立場のフリーターやアルバイト経験がある求職者の方が紹介予定派遣という方法を使うことで簡単に正社員として採用されることができるのです。

フリーターやアルバイト経験が長い求職者の方は、企業のどの選考で見送りになることが多いのかと言いますと書類選考です。

書類選考を通過することは相当難しいですし、そのため、企業の面接官と会うことも難しいです。それが紹介予定派遣という仕組みを使うだけで面接官と簡単の会うことができるのです。

今回ご紹介した3つの方法を活用して自分に合った簡単に採用される活用術を活かしてほしいと思います。

 

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment



スポンサードリンク

スポンサードリンク