トラック運転手が転職するためにはどんな転職活動が理想的?

転職市場は、労働市場とリンクしているのですが、労働市場には大きく2つの分類労働特性があります。

ホワイトカラーとブルーカラーという言葉を聞いたことはありますか?

この2つの労働特性用語は欧米諸国から日本に流れてきたものになるのですが、簡単に言いますと、ホワイトカラーはスーツを着て仕事をする人を指し、ブルーカラーはスーツを着ない仕事をする人を言います。

転職市場は労働市場とリンクすると言いましたが、この2つのうち転職市場にはホワイトカラーの職種が大半です。

どの転職エージェントを利用してもブルーカラーの職種の求人はあまりありません。

ホワイトカラーは、求職者自身も該当するため、何となくイメージすることはできるでしょう。

しかし、ブルーカラーは、イメージしにくい部分があるので、少し具体的な職種を例に出してご紹介します。

例えば、土木作業員やトラック運転手がまさにブルーカラーに当てはまります。

街中で工事現場で作業着を着用して仕事をしている人を見かけたことはあるでしょう。

また、大型トラックを運転して荷物などを運送する運転手を見たこともあるでしょう。

今回はブルーカラーのなかでもホワイトカラーへの転職を目指す人が多いトラック運転手の転職事情についてご紹介します。

スポンサードリンク

トラック運転手の仕事内容と労働条件

トラック運転手のメインの仕事内容は運転です。

大型免許を取得していることが絶対条件で、なかには大型特殊免許が必要なトラック運転手もいます。

トラック運転手としては絶対に必要な大型免許などは転職市場ではまったく意味がありませんし、転職エージェントなどどのような転職方法を使っても企業から評価されることはありません。

同じ労働者、求職者であってもホワイトカラーとブルーカラーでは日ごろの仕事内容は全く異なります。

今のホワイトカラーの文化としてPCを利用することがありますが、トラック運転手が日ごろの仕事でPCを操作するというシーンを想像できますか?

トラック運転手がホワイトカラー中心の転職市場で転職活動を行い、転職を決めるためには、それなりの工夫や努力が絶対に必要になります。

今までホワイトカラーで仕事をした経験がないトラック運転手は、企業へ直接応募するやり方や転職サイトなど自己応募の転職方法は絶対にやめましょう。

転職活動の進捗が悪くなり、求職者によってはいつまでたっても内定が出ないということも想定できるためです。

転職エージェントは絶対に使うこと

トラック運転手の求職者が転職活動を行うにあたり、絶対に外せない存在が転職エージェントです。

極端な話、転職エージェント以外を利用しなくても良いぐらい絶対に転職エージェントは利用してください。

転職サイトなどの自己応募方法で転職活動をするとしても、ホワイトカラーの状況や情報がほぼない状態になりますし、インターネットなどで情報を見つけても、どの情報が正しいものかを選定する力量ないはずです。

今までトラック運転手として仕事をしてきたなかで得られた情報は、ブルーカラーの情報がメインになるでしょうし、ブルーカラーとホワイトカラーでは性格や性質が全く異なります。

そこでプロの転職支援が必要不可欠になるのですが、転職市場でプロの視点を持っていると言えば、転職エージェントになります。

トラック運転手である求職者の転職支援をプロ視点で直接支援してくれる存在がキャリアアドバイザーです。

どのようなキャリアアドバイザーがオススメかと言いますと、あまりに専門性が高いキャリアアドバイザーではなく、転職市場の状況や転職活動のやり方を浅く広く知っているキャリアアドバイザーが良いです

小規模の転職エージェントは、求人数が少ない分、転職支援に対して質の高いサービスを提供しますが、ホワイトカラーの環境に詳しくないトラック運転手の求職者が転職支援を受けると、アドバイスされる内容があまり理解できず、逆に混乱を招く可能性もあります。

このような混乱を避けて、求人数を多く紹介してくれる環境を作ることが大事で、そのためには、大手の転職エージェントを利用することが理想的です。

大手の転職エージェントは日本に数社しかありませんが、そのすべてに利用すると求人の重複があったり、転職活動の生産性を下げることもありますからできれば大手の転職エージェントを1社に絞ってください。

大手の転職エージェントのなかでトラック運転手の求職者に最も親和性がある転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、日本で最も大きい転職エージェントで、それまでの転職支援実績、取り扱う求人数ともに日本でトップです。

キャリアアドバイザーも、若手からベテランまで揃っています。

登録時にはキャリアアドバイザーを選ぶことはできないのですが、転職支援を受ける過程のなかで、キャリアアドバイザーの変更を依頼することは問題なくできますので、今ご紹介したように広く浅くの知見を持った年齢が比較的若いキャリアアドバイザーが良いです。

年齢が若いキャリアアドバイザーはトラック運転手の求職者である自分よりも年下という可能性もありますが、ホワイトカラーとしての経験は自分よりも先輩になりますから、素直にアドバイスなどを聞き入れ柔軟な姿勢が大事です。

スポンサードリンク

すべての転職支援サービスを積極的に利用する

転職エージェントに登録すると面談があり、その面談内で求人の紹介がありますが、トラック運転手の求職者は、その場で求人に応募するかどうかを決めるのではなく、求人の内容を理解する時間を設けてください。

面談でキャリアアドバイザーから求人の説明をしてもらうことが必要です。

恐らくですが、今まで見たことがない用語や労働条件が記載されていて、求人を自分ひとりで確認してもそれぞれの用語などを調べる時間が必要になりますから、担当のキャリアアドバイザーにすべての求人について詳細まで聞き、わからない部分を排除する努力が大事です

詳細説明を受けたあとに、自宅に求人を持ち帰り、改めて自分で求人を確認し応募するかどうかを決めてください。

トラック運転手の求職者は、社会人経験はあってもホワイトカラーでの経験がないため、転職市場のすべての求人に関しては未経験者扱いになります。

転職エージェントから紹介される求人も未経験者優遇という未経験者求人がほとんどになるはずです。

ちなみに、転職エージェントにトラック運転手の求人はありません

企業は転職エージェントを利用して採用をすると必ず採用支援を受けた成功報酬として高い費用が発生します。

トラック運転手という職種に対して高い採用コストを拠出すると費用対効果が悪いため、求人を掲載するとしても転職サイトやハローワーク、求人情報になります。

今の転職市場の中心は間違いなく転職エージェントです。

その中心である転職エージェントにトラック運転手の求人がないということは転職市場絵全体を考えても求人の数は少ないということです。

転職市場で考えるとトラック運転手という職種はニッチなジャンルになります。

自分の今の状況を理解して、これから自分が活動する転職市場を見渡せば、自分が転職市場でどのような立ち位置で、企業からどのような評価を受けるのか分かるはずです。

職務経歴書の添削サービスは積極的に!

トラック運転手の求職者が転職エージェントを利用する大きなメリットのひとつに添削サービスがあります。

どのような求職者であっても添削サービスは利用メリットが高いのですが、特にトラック運転手の求職者には必要不可欠の転職支援です。

トラック運転手の求職者は、職務経歴書の存在自体が初耳というケースも多いです。

トラック運転手含めてブルーカラーの場合、転職するために必要な書類は履歴書のみだからです。

この点から考えても今までの市場とは全く違う市場で転職活動をするということが分かるはずです。

職務経歴書は基本的にデータで作成しますが、トラック運転手はこの点についても不慣れであり、職務経歴書を作成することが難しいはずです。

そこで、キャリアアドバイザーに依頼して添削ではなく一緒に作成してもらうように依頼してください。

大手の転職エージェントは添削サービスに関して積極的に行うスタイルはありませんから、自分から積極的に依頼しなければ、対応してもらえないことも想像できます。

プロの視点で書類選考で通過しやすくなる職務経歴書を一緒に作ることが必要になります。

選考通過は可能か?

トラック運転手の求職者は、ホワイトカラーでは未経験になりますから、他の求職者と同じく未経験者求人の対象者になります。

求職者の年齢にもよりますが、30歳前であればトラック運転手の求職者でも十分に選考を通過して内定を勝ち取ることは可能です。

ただ、未経験者求人の特徴は年齢制限が厳しいということで、30歳を過ぎる年齢から応募できる求人が一気に減ります

年齢が30歳を過ぎているというトラック運転手の求職者は、転職活動は長期化するということを想定内として考えておいてください。

年齢が比較的若い求職者に関しては、ある条件をクリアできれば十分にチャンスはあります。

そのある条件とはPCスキルです。

転職活動だけではなくビジネススキルも同時に行う!

広義で考えればトラック運転手の求職者は、年齢に関係なくPCスキルを身につけておくことが転職活動の展開をスムーズなものにしてくれます。

特に年齢が若い場合は、未経験者として他の求職者と同様の土俵で勝負することができますから、PCスキルがあれば、特別にマイナス要素になるということはありません。

ホワイト企業へ転職するためにはPCスキルは必須です。

実務経験はなくてもPC操作ができれば、未経験者として十分の価値があるのです。

トラック運転手の求職者が狙いたい職種

年齢に関係なくトラック運転手の求職者が転職活動で狙いたい職種をご紹介します。

狙いたい職種とは転職条件に含めてほしい職種ということになりますが、これからご紹介する職種は、ホワイトカラーでの職業経験がないトラック運転手の求職者であっても十分に活躍する機会があります。

トラック運転手におすすめの職種としては、ズバリ、その職種は営業職です。

営業職は、他の職種とは異なり、成果がはっきり分かる職種性格を持ちます。

また、業界やサービス、商品知識は必要になりますが、基本的にやる気と体力、気力が物を言う世界です。

特に不動産業界や金融業界、人材業界は人の入れ替わりが早いため、常に人材不足の状態で、年間通して中途採用を恒久的に行っているケースが多いです。

トラック運転手の求職者は、ホワイトカラーとしての経験はなくても営業職に通じる基本的な素養は持っている人が多いため、多くの職種のなかで最も転職確度が高い職種は営業職です。

実際に、元トラック運転手という営業職は多いです。

営業職は十分に転職できる可能性を持っていますから、営業職は希望職種に必ず入れておいた方が良いです。

それと、最近の傾向としてIT業界の企業も営業職を必要としているため、転職後に知識習得は苦戦はあるものの転職という点だけ考えるとIT業界の営業職もオススメです。

トラック運転手への転職は?

トラック運転手の求職者が転職市場で転職するための理想的な転職活動をお伝えしましたが、逆にトラック運転手へ転職したいと考える求職者もいるはずです。

この場合、転職難易度はかなり簡単です。

ただし、転職市場では全く評価されない大型免許などの運転免許は必須ですし、大型免許は普通自動車免許を取得してから数年後でなければ資格取得基準を満たしませんので、この点だけは注意が必要です。

売り手市場を狙う!

トラック運転手としての経験がある求職者も転職市場で十分に内定を勝ち取ることができる状況にあります。

ただし、転職市場に求人がたくさんある状況でなければ、未経験者の転職は苦戦が必至ですので、トラック運転手の求職者は、転職市場がどのような状況なのかを知る必要があります。

売り手市場であれば、十分にチャンスはありますから転職エージェントなどに聞いて、その時に市場状況を確認してください。

東京オリンピックの影響で開催年の5年先まで売り手市場と言われています。

今までの労働性格の畑は違っても、未経験者求人の対象になりますから、転職エージェントを利用することで転職できるはずです。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment