大人っぽい服のメンズコーデはこれで決まり!おすすめコーデとポイントをご紹介

おしゃれに興味はあるけど「どんな服を着ればいいのかわからない」という悩みをよく耳にします。そんな人におすすめしたいのが大人っぽいコーディネート。

大人っぽい服は、女性からの評判も良く、相手に好印象を与えてくれること間違いなしです。Tシャツ一つを取っても、デザインやシルエットでコーディネートの印象は大きく変わるので、何を選ぶかがとても重要。今回はおしゃれ初心者の人にもわかりやすく、大人っぽい服のコーディネートとポイントをご紹介します。

大人っぽい服を選ぶときのポイントは?

大人っぽい服を選ぶときに気をつけたいポイントが3つあります。この3点に気をつけてアイテムを選べば、統一感のある大人っぽい服のコーディネートが出来上がります。では1つずつ一緒に見ていきましょう。

大人っぽい服を選ぶポイント①選ぶ色を気をつける

大人っぽい服を選ぶときに最も気を付けたいのが色。色の選択を間違えると、やんちゃで子供っぽいコーディネートになってしまったり、やけに老けて見えてしまったりと失敗してしまうことも。

大人っぽいコーディネートをするのであれば、ベーシックな色を選ぶのがポイント。ホワイト、ネイビー、グレー、ブラックなどが代表的。コーディネートにアクセントを出したい場合はインナーや、シューズなどの小物でアイキャッチになる色物を取り入れるのがベストです。

落ち着いた大人っぽい雰囲気が出て、ガチャガチャした合わせにならないのでおすすめです。またコーディネートの中で「ホワイト」を上手に使うのもおすすめしたいポイント。淡いブルーやピンクなどにホワイトを合わせればコーディネートがグッと引き締まり、色物を着ても子供っぽくなりにくいです。色はとても重要な役割を持っているので、少し気を付けるだけで格段に素敵な大人っぽいコーディネートに仕上がります。

公式サイトを確認

大人っぽい服を選ぶポイント②選ぶ柄に気をつける

次に気を付けたいのが「柄」です。柄物は効果的に使うことで、コーディネートにほどよいアクセントを加えてくれるので積極的に取り入れることをおすすめします。ですが、柄物には多くのパターンがあり、間違ったものを選んでしまうと一気に子供っぽい雰囲気になってしまうことも。

まず、大きい柄は極力避けたほうがいいです。パターンによっては例外もありますが、初心者の人にはなかなか見分けがつかなくて迷ってしまうこともあると思います。なので大きい柄は避けましょう。特に大きいチェック柄やドット柄はとても子供っぽく映ります。ドットならピンドット、チェックならギンガムチェックやグレンチェックなどの小さくて細かめなものを選びましょう。

もうひとつおすすめしたいのが、ジャガードと言われる織り柄です。織り柄はプリント柄と違い、大きめの柄でも上品な印象になります。大人っぽいコーディネートをするなら、ジャガードを使わない手はありませんね!

大人っぽい服を選ぶポイント③サイズ感に気をつける

最後に気を付けるべきポイントは「サイズ感」です。ほどよいゆとりがありつつも、コンパクトでスッキリとしたサイズ感がおすすめ。全体的に大きめのサイズ感にしてしまうと、アメカジのようにやんちゃで少年っぽさが残るコーディネートになってしまいがち。

大人っぽい雰囲気とは大きく駆け離れてしまうこともあります。また逆に体の線が見えるピタッとしたサイズ感も、大人っぽい雰囲気には不向き。コンパクトではあるけど、ほどほどのゆとりを残したサイズ感を選ぶのが、大人っぽい服のポイントです。

大人っぽい服のメンズコーデにおすすめのアイテムはこれ!

おすすめアイテム①シャツ

大人っぽい服と言えばシャツをイメージする人が多いのではないでしょうか?襟のあるシャツは大人の必須アイテム。シャツが持つきちんと感は、大人っぽいコーディネートに最適です。大人っぽいカジュアルコーデイネートを目指すのであれば、あまりビシッとした堅い雰囲気のシャツではなく、洗いがかかったナチュラルな素材感のものがベスト。

洗いがかかっていなくても、ノンアイロンで着ても問題ないシャツを選ぶのが重要。また、リネンやレーヨンなどの柔らかい雰囲気の素材もおすすめです。

おすすめアイテム②ジャケット

メンズファッションには欠かせないアイテム・ジャケット。最近はニットやカットソー素材を使った柔らかい印象のジャケットがとても人気です。固さがないので、普段ジャケットをあまり着ない人にも無理なく着られるのがポイント。襟付きのシャツと合わせたり、カットソーで合わせたりとコーディネートの幅が広く汎用性の高いのが魅力的。

またきちんとしたテーラードジャケットとデニムを合わせて向け感のあるカジュアルジャケットコーディネートもおすすめです。少なくても春夏と秋冬それぞれ一着ずつは必ず持っておきたいところ。大人っぽいコーディネートには必ず取り入れたいアイテムです。

おすすめアイテム③Vネックカットソー

大人っぽいコーディネートのインナーにぜひ合わせたいのがVネックカットソーです。このVネックカットソー、持っていない男性が多いのです。丸首のカットソーやプリントTシャツなどとは違って、すっきりとした印象が特徴のVネックカットソー。一枚で着ても良し。シャツと合わせても良し。ジャケットと合わせても良し。とかなり使い勝手のいい万能なアイテムなんです。

丸首はどうしてもシャープさに欠けてしまい、可愛い印象であったり、子供っぽい印象であったりと大人のイメージとは離れてしまいます。大人っぽい服のコーディネートをするなら、インナーにはぜひVネックカットソーを合わせてください。

公式サイトを確認

大人っぽい服のおすすめメンズコーデをご紹介

おすすめコーデ①ネイビージャケット×ホワイトVネックカットソー×グレーパンツ

大人っぽい服のメンズコーデでは外せないこちらのコーディネート。明るすぎず暗くないネイビーのジャケットは、大人っぽい雰囲気を出すのにうってつけ。このコーディネートのポイントはインナーのVネックカットソーにあります。

ホワイトを合わせることで全体がグッと引き締まった印象になり、Vネックがすっきりとした印象に。また合わせ方によってはぼやけた雰囲気になってしまうグレーパンツも問題なく合わせらるので、初心者にはぜひチャレンジしてもらいたいコーディネートです。

おすすめコーデ②ギンガムチェックシャツ×グレーVネックカットソー×ネイビーパンツ

細かすぎないギンガムチェックがアクセントになっているこちらのコーディネートは、グレーのVネックカットソーを合わせるのがおすすめ。ホワイトでももちろん合うのですが、人によっては可愛らしい印象になってしまうことも。そんなときに便利なのがグレーのVネックカットソーです。落ち着いた印象を出し、コーディネートに明るさも取り入れてくれるのでチェックやドット、ボーダーなどの柄物に合わせると大人っぽい雰囲気に仕上がります。

パンツをネイビーにすることで、全体を引き締めてくれる効果があります。ボトムに重い色を持ってくるのはコーディネートの基本ですね。Vネックカットソーですが、グレーと言っても微妙な色の違いがありますが、一番使いやすいのは比較的白に近い「ライトグレー」です。メリハリがつきすぎず、大人っぽいコーディネートを楽しめます。

おすすめコーデ③ホワイトシャツ×グレーカーディガン

 

洗いのかかったナチュラルな雰囲気のコットンシャツに、ライトグレーのVネックカーディガンを合わせたコーディネート。地味になりがちなグレーカーディガンも、ホワイトのシャツと合わせればメリハリが出て素敵です。シャツに洗い感があることで堅い印象にはならず、カーディガンの柔らかい素材感を存分に引き出してくれます。

ボトムにはチャコールグレーのパンツを合わせて、柔らかい色合いのモノトーンコーディネートのできあがり。ブラックのパンツではボトムだけが重くそして強くなってしまうのでチャコールグレーがちょうどいいバランスです。

おすすめコーデ④ピンクシャツ×ブラックパンツ×ブラウンレースアップシューズ

 

こちらは、淡いピンクのシャツを一枚で着たとてもシンプルなコーディネート。ピンクは子供っぽいのではないか?と感じるかもしれませんが、ボトムにブラックパンツを合わせることでピンクの可愛らしさを適度に消してくれるので問題ありません。

そしてポイントなのがシューズです。スニーカやスリッポンなどを合わせてしまうと子供っぽくなってしまうので、レザータイプのシューズを合わせてください。ピンクの柔らかさとブラックの堅さを上手くなじませてくれるブラウンカラーのレザージューズが一番ぴったりです。

公式サイトを確認

大人っぽい服のメンズおすすめコーデまとめ

大人っぽい服のコーディネートは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。今回ご紹介したポイントに気をつけるだけで、理想的なコーディネートに仕上がります。無理なくすぐにチャレンジできるので、ぜひお役立てください!

公式サイトを確認

スポンサードリンク